アドセンス




ユーグレナに含まれるヒスチジンですっぽん効果!疲れ知らずの身体へ

休みを取っても疲れが取れない・・・

そんなに疲れる仕事はしてないはずなのに・・・

運動もしているし、食事にも気を使っているのに・・・・

こんなことありませんか?

ひごろ感じている疲労感。その原因は身体の疲れだけでなく、頭の疲れにもあるのです。

 

 

日ごろから積み重なった疲労感は身体を休めるとともに、頭の疲れまで、しっかりケアすることが必要なのです。

 

 

ユーグレナに含まれているヒスチジンはすっぽんにも含まれている有名な成分になっています。

すっぽんは高級食材なので、自分にはとても手が出せないという人が多いと思います。

しかしながら、現在ではユーグレナを初めとするサプリメントとして安価でヒスチジンを摂取出来るようになってきています。

ヒスチジンは必須アミノ酸の一つで、自分自身の身体からは作れない成分になっています。

つまり、食材から摂取するしか方法がないのです。

そのため、日々の食事、サプリメントから摂取していく必要がある大切な要素なのです。

幼児期にこの成分が不足すると、神経異常や皮膚疾患を発症する可能性もあるため、小さい子供こそしっかり摂取すべき栄養素になっています。

また大人になって多少、体内で生成出来るとは言っても、不足してしまうと幼児同様に神経に異常をきたしてしまう可能性があるため、意識して摂取が必要です。

このヒスチジンという成分は血液の赤血球の形成に必要な成分でもあるため、不足すると貧血になってしまう等の可能性が充分にあり得ます。

女性に多い貧血を甘く見ていると、命に係わる大変なことになる可能性もあるので、積極的にサプリメントや魚介類などの食べ物からヒスチジンを取り入れる習慣を作っていきましょう。

 

 

「ヒスチジン」食欲を抑える必須アミノ酸とは?

 

 

「ヒスタミン」と言う成分の持つ作用と「ヒスタミン」に関わりがある「ヒスチジン」とは何か、詳しくみていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒスチジンはアミノ酸なので適切に取っている分には問題ありませんし、薬などで摂取するとアレルギー反応を引き起こすヒスタミンとは違い、ヒスタミンの材料となるヒスチジンをしっかり摂取する事で、ヒスタミンが作られるので安心して摂取できますね。

 

http://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=9&category=beauty

ヒスチジンの研究結果

ヒスチジンの食欲調節効果と脂肪燃焼効果について

ラットに、ヒスチジン含有(0, 1, 2, 2.5, 5%)の餌を8日間摂取させたところ、食欲の減退が見られました。また脂肪燃焼に関連する褐色脂肪細胞が活性化されたことから、ヒスチジンが食欲調節効果と脂肪燃焼効果を持つことが示唆されました。

 

目的:

ヒスタミン(ヒスチジンの誘導体)は、ヒスタミンニューロンの活性化によって食物摂取量および体脂肪を減少させる。我々の目的は、食物ヒスチジンの、特に食物摂取および/または体脂肪蓄積に対するラットの効果を明らかにすることであった。

方法:

雄Wistarラットを馴化させた後、4つの群の1つに割り当て、20%カゼイン(0%ヒスチジン)、20%カゼイン+ 1.0%ヒスチジン、20%カゼイン+ 2.5%ヒスチジン、または20%カゼイン+ 5 8%のヒスチジン。

結果:

食物摂取量および体重を毎日記録し、グループ間で比較した。実験期間中、食物摂取量は食物ヒスチジンの増加に従って減少した。食物ヒスチジン(グラム8d)と腹腔後部脂肪パッド(体重100gあたりのグラム)との間には負の有意な相関(P <0.01)があった。褐色脂肪組織におけるタンパク質1 mRNAの脱共役は、食物ヒスチジンの増加とともに増加した。

結論:

我々の結果は、食物ヒスチジンがラットの食物摂取および脂肪蓄積を抑制することを示している。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15561489

ヒスチジンの神経保護作用について

脳虚血ラットに、ヒスチジンを1000mg/kgの量で腹腔内投与したところ、記憶を司る海馬の神経細胞が保護されたことから、ヒスチジンは神経保護作用を持つと考えられています。

 

ヒスチジンの脊髄虚血及び脳虚血に対する保護効果を検討した。
家兎の腹腔内ヒスチジン1000mg/kg投与で、血中濃度は、投与前:98. 5nmol/ml、30分後:10556. 9 nmol/ml、60分後:11371.6 nmol/ml、120分後:7784. 6 nmol/mlであった。
ヒスチジン500mg/kgまたは1000mg/kg(虚血90分前腹腔内)投与し、腎動脈下腹部大動脈遮断(13分間)で脊髄虚血を作成した。

全例対麻痺をきたし、再潅流1〜3日目に死亡した。次にヒスチジン500mg/kg(60分間持続静注、虚血90分前に投与終了)投与し、同様に脊髄虚血を行った。これらも全例対麻痺をきたし、再潅流1〜2日目に死亡した。ヒスチジンの脊髄虚血保護効果はみられず、全身状態の不良化や対麻痺に伴うストレスの増強が認められた。

種差とモデル差を考慮し、ヒスチジンが脳虚血に対する保護作用を持つとの報告があるので、ラット前脳虚血モデル(虚血8分、両頚動脈クリップ+平均動脈圧50mmHg)で検討した。ヒスチジン1000mg/kgを腹腔内に虚血1時間前、再潅流6時間後、24時間後、48時間後に投与した。再濯流7日後、対照群では海馬Cal領域の正常神経細胞は殆どみられないのに対し、ヒスチジン群では約50%の神経細胞が生存した。

家兎脊髄虚血では保護効果がなく、脳虚血に対しては神経保護効果がみられた。種の違いか、臓器による違いの可能性が考えられる。ただし、ヒスチジン投与は全身状態の不良化や麻痺に伴うストレスの増強をきたすことが明らかになり、全身的影響を軽減する工夫が必要で、至適な投与量・方法の更なる検討が必要と考えた。

 

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18791081/

ヒスチジンの肝臓保護効果と抗炎症作用について

肝障害マウスに、ヒスチジンおよびカルノシンを0.5, 1, 2g/L の量で摂取させたところ、抗酸化酵素SOD、カタラーゼなどが上昇し、活性酸素種、マロンジアルデヒドなど酸化ストレス物質も減少しました。また、炎症性物質であるTNFαやMCP-1の働きが抑えられたことから、ヒスチジンは肝臓保護効果ならびに抗炎症作用を持つと考えられています。

 

 

Balb / cAマウスにおけるアセトアミノフェン誘発肝毒性に対するカルノシンまたはヒスチジンの保護効果を調べた。0.5,1または2g / Lの各化合物を飲料水に4週間加えた。急性肝障害は、腹腔内(ip 350mg / kg体重)のアセトアミノフェン処置によって誘導された。

アセトアミノフェン処理は、肝GSHおよびアスコルビン酸レベル、マロニルジアルデヒド(MDA)、活性酸素種(ROS)および酸化グルタチオン(GSSG)の肝臓レベルの増加ならびにグルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)、カタラーゼおよび肝臓の肝臓活性の低下を有意に減少させた。スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)(P <0.05)。

 

しかし、カルノシンまたはヒスチジンの前摂取は、GSH含量を増加させ、MDA、ROSおよびGSSG形成を減少させ、GPX、カタラーゼの活性を保持することによってアセトアミノフェン誘導性酸化ストレスを有意に軽減した 肝臓ではSODが有意に高かった(P <0.05)。これらの化合物の摂取前投与は、その後のアセトアミノフェン誘発シトクロムP450 2E1活性の有意な増加も有意に遅延させた(P <0.05)。インターロイキン(IL)-6、IL-10、腫瘍壊死因子(TNF) - アルファ、および単球走化性タンパク質(MCP)-1(P <0.05)の肝臓レベルがアセトアミノフェン処理によって増加した。カルノシンまたはヒスチジンの前摂取は、アセトアミノフェン誘発性のこれらのサイトカインの上昇を有意に減少させた(P <0.05)。GPX、TNF-α、およびMCP-1のmRNA発現に対するこれらの化合物の影響は、これらの化合物が転写レベルで作用し得ることを示した。

 

これらの結果は、カルノシンおよびヒスチジンが強力な肝保護剤であることを裏付けている。これらの化合物の摂取前投与は、その後のアセトアミノフェン誘発シトクロムP450 2E1活性の有意な増加も有意に遅延させた(P <0.05)。インターロイキン(IL)-6、IL-10、腫瘍壊死因子(TNF) - アルファ、および単球走化性タンパク質(MCP)-1(P <0.05)の肝臓レベルがアセトアミノフェン処理によって増加した。カルノシンまたはヒスチジンの前摂取は、アセトアミノフェン誘発性のこれらのサイトカインの上昇を有意に減少させた(P <0.05)。GPX、TNF-α、およびMCP-1のmRNA発現に対するこれらの化合物の影響は、これらの化合物が転写レベルで作用し得ることを示した。これらの結果は、カルノシンおよびヒスチジンが強力な肝保護剤であることを裏付けている。これらの化合物の摂取前投与は、その後のアセトアミノフェン誘発シトクロムP450 2E1活性の有意な増加も有意に遅延させた(P <0.05)。

 

インターロイキン(IL)-6、IL-10、腫瘍壊死因子(TNF) - アルファ、および単球走化性タンパク質(MCP)-1(P <0.05)の肝臓レベルがアセトアミノフェン処理によって増加した。カルノシンまたはヒスチジンの前摂取は、アセトアミノフェン誘発性のこれらのサイトカインの上昇を有意に減少させた(P <0.05)。GPX、TNF-α、およびMCP-1のmRNA発現に対するこれらの化合物の影響は、これらの化合物が転写レベルで作用し得ることを示した。これらの結果は、カルノシンおよびヒスチジンが強力な肝保護剤であることを裏付けている。

 

単球化学誘引物質タンパク質(MCP)-1(P <0.05)。カルノシンまたはヒスチジンの前摂取は、これらのサイトカインのアセトアミノフェン誘導性の上昇を有意に減少させた(P <0.05)。GPX、TNF-α、およびMCP-1のmRNA発現に対するこれらの化合物の影響は、これらの化合物が転写レベルで作用し得ることを示した。

 

これらの結果は、カルノシンおよびヒスチジンが強力な肝保護剤であることを裏付けている。単球化学誘引物質タンパク質(MCP)-1(P <0.05)。カルノシンまたはヒスチジンの前摂取は、これらのサイトカインのアセトアミノフェン誘導性の上昇を有意に減少させた(P <0.05)。GPX、TNF-α、およびMCP-1のmRNA発現に対するこれらの化合物の影響は、これらの化合物が転写レベルで作用し得ることを示した。これらの結果は、カルノシンおよびヒスチジンが強力な肝保護剤であることを裏付けている。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19799668

このようにヒスチジンには多くの可能性と根拠をもった改善性があります。

 

ヒスチジンはどうやって摂取したらいい?

疲れ知らずのヒスチジンにはすっぽん料理に代表されるように身体だけでなく、脳の疲れも癒してくれる存在です。

食材でヒスチジンを多く含んでいるのは、マグロ、カツオ・ブリ・サバ・サンマなどの青魚や鶏胸肉、豚赤身肉などの肉類、チーズやヨーグルトなどの乳製品、大豆やきな粉などの大豆製品などですが、必須アミノ酸である以上、日々適量を摂取して、しっかりと前向きな毎日を送れるようにしておきたいものです。

かと言って、毎日マグロを食べるわけにもいかないのも現実です。

不足している栄養素を安定的にサプリメントから摂取するほうが現実的です。

 

そこで、提案したいのがユーグレナです。

59の栄養素を持ち、ビタミンだけでも14種類、アミノ酸18種類、ミネラル9種類、EPA・DHAなどの不飽和脂肪酸、特殊成分など人に必要な栄養素をバランス良く含まれています。

また、当然このヒスチジンも含まれています

また、せっかくの栄養素ですが、吸収出来なければ意味がありません。

ユーグレナの栄養吸収率は93.1%です

ぜひ、ユーグレナからヒスチジンを摂ることをおすすめしたいと思います。

 

↓購入はこちらからどうぞ!

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃  《今だけ限定!》話題のミドリムシがお得に試せる!
┃★┃ 『ミドリムシ ナチュラルリッチ』特別モニター大募集!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま、テレビや雑誌で話題のミドリムシ!

その正体は、健康と美容に大切な『59種類』もの栄養素を
バランスよく含んだ、夢のオールインワン食材なのです!

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃5┃9┃種┃類┃の┃栄┃養┃素┃が┃こ┃れ┃1┃つ┃に┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
●ビタミン  『14種』(特にビタミンB郡を多く含む)
●ミネラル  『 9 種』(現代人に不足しがちな亜鉛も豊富)
●アミノ酸  『18種』(内必須アミノ酸9種も含む)
●不飽和脂肪酸『11種』(魚に多く含まれるEPA、DHAも備える)
●その他   『 7 種』(パラミロン、クロロフィルなど)

そんな、スーパー食材ミドリムシのサプリメント
エポラの『ミドリムシ ナチュラルリッチ』がお得に試せるチャンス!

┌☆。・'*:.──────────────┐
│                   │
│      《今だけ限定!》      │
│ 通常価格3000円 → 463円! │
│                   │
└─────────────。.'゜*:・☆┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   《一度きりのワンチャンスキャンペーン》   ┃
┏━★        特別モニター大募集!       ★━┓
┃☆┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛☆┃
┗━━┛▼安心の完全無添加・国内産!詳しくはこちら!▼┗━━┛

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実質タダでユーグレナを手に入れる秘策!59種類栄養素の価値を感じてください!

ユーグレナには59種類の豊富な栄養素がバランス良く詰まっています。

ビタミン類14種類

ミネラル9種類

必須アミノ酸を全て含むアミノ酸類18種類

DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸11種類

パラミロンなどの特殊成分7種類が含まれています。

 

ただ、栄養素が詰まっているだけではありません。

バランスが取れているから凄いのです。

栄養が豊富なだけではない、ユーグレナ

その栄養の「バランス」の凄さについて説明します。

桶の理論、ご存知でしょうか?

ユーグレナのアミノ酸スコアは83! 脅威のバランスです。

 

そして、そのバランスが取れたユーグレナの栄養吸収率は93.1%

なぜ、それまでに栄養吸収率が高いのか、

それは生野菜などの植物にある細胞壁がないのです。

 

動物と植物、双方の魅力を兼ね備えたユーグレナだから

栄養素のスーパーバランス、そして栄養吸収率が違うのです。

 

細胞壁を持たないユーグレナは栄養吸収率はなんと93.1%!

必須アミノ酸のアミノ酸スコアはなんと83!

そのうえ、パラミロンという独自成分が体内に溜まった

老廃物や、脂肪、プリン体を除去し、新陳代謝を向上させるのです。

ユーグレナのスーパーサイクル!

豊富な59種類の栄養素⇒93.1%の栄養吸収率⇒デトックス効果で新陳代謝向上⇒

他の有名な健康食品と比較してもその栄養素の量数共に大きな差があります。

ユーグレナがスーパーフードと言われる理由が明確に見えます。

もはや、このレベルだと、スーパーフードではなくアルティメッド(究極)フードだと言っても過言ではないと考えます。

 

根拠は下の栄養数比較表をご覧ください。

現在、多くの健康食品が溢れていますが、これだけの栄養素を含んでいるユーグレナは

圧倒的な強さを誇っています。

未来の可能性をたくさん秘めているユーグレナ。

 

ここまで、丁寧に説明差し上げても、なかなか踏み出せないユーグレナ。

いくらユーグレナとは言ってもミドリムシ。

藻の一種だと言われても、さすがにちょっと抵抗がある。

いくら体に良いと分かっていても、なかなかその一歩を踏み出せない方も多くいらっしゃいます。

 

今回はそのような方のために、まずはタダでユーグレナを購入できる秘策をご紹介いたします。

まずは下記の青文字をクリックして、お試しユーグレナを注文してみてください。

 

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

数日でユーグレナと一緒に初回限定スペシャルプレゼントが到着します。

ユーグレナクーポンです!

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

つまり、500円で購入したのに、500円のクーポン券が付いてくるのです。

これがユーグレナクーポン!

更に購入の際にお支払頂く500円は何と税込!さらに送料も無料!

そのうえユーグレナに関する特別冊子までついてきます。

 

もはや、500円とは思えないボリューム感です。

もう一度、お伝えしますね^^

 

①一週間分のユーグレナがついて、

②ユーグレナ特別冊子がついて、

③500円のクーポン券がついて、

④送料も無料でお届け!

 

実質タダ、というよりこの素晴らしさを心から共有したい、

その価値がユーグレナにあります。

 

ユーグレナ 美由紀
元看護士の私も自信をもっておすすめします。人の身体に必要なすべての栄養素が詰まっているユーグレナだから、身体の細胞ひとつひとつが元気になっていくのを感じとることが出来ます。吸収率も93.1%と驚異的数値!まずはお試し下さい。

 

是非お試しいただきたいユーグレナ!↓の青文字をクリックしてみてください。

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!