目次

アドセンス




ユーグレナで即体感!デトックス効果と消臭効果!クロロフィル効果!

 

私たちの身体には有害物質が知らないうちに蓄積しています。

食品添加物

環境ホルモン

重金属

ダイオキシン

カドミウム

といった有害物質や、老廃物が溜まっているのです。

それではこれから、身近に溢れている食品添加物について説明していきます。

 

 

加工食品

 

インスタントラーメン

 

カップ麺にしても即席ラーメンにしても、日本人の舌をおかしくしてしまった食品といってもいいでしょう。
中毒性があるとさえ言えそうなクセになる濃い味は、主にグルタミン酸ナトリウムによるものです。その他の添加物もてんこ盛りです。

揚げてあるメンは、これに加えて「過酸化脂質」の問題もあります。

ハンバーガーが西の横綱なら、インスタントラーメンは東の横綱ですね。巨大な利益が望める商品であり、同時にメタボを大量発生させている害毒食品としてです。

いまさら食べるなとは言いませんが(現実的ではありませんし)、せめて「体に良くないもの」という自覚を持って食べるようにしましょう。

 

何も考えずに毎日食べ続ければ、確実に病院行きです。

 

 

ハム・ベーコン・ソーセージ

メーカーや製品によって違いますが、タール色素や亜硝酸ナトリウムが使われているものは避けたほうが賢明です。

また、肉加工品全般にいえることですが「植物性たんぱく」「卵たんぱく」と表示されているものは、これらを肉に注入して増量しているということですので、覚えておきましょう。

ちなみに植物性タンパクとは脱脂大豆、つまり大豆カスです。危険ではありませんが、これは「水増し」であり、こういうことをする企業はあまり信用できません。

また、餃子とかミートボール等混ぜ肉を使用している製品ですが、現段階では中国で製造された商品を避けたほうがよいでしょう。

現地工場の人々のモラルとか安全性に対する意識が変化するまでには、かなりの時間を要すると思います。

 

梅干し・たくあん

保存食として考案された梅干しですので、普通に考えれば添加物など使う必要はない筈ですが、なぜか塩以外の様々な物質が添加されているのが現状です。そのなかでも赤色102号という合成着色料が問題ですね。

ほかにも香料やら調味料なども添加されているようです。できるだけ塩だけで漬けた梅干しを選ぶようにしましょう。

たくあんの鮮やかな黄色は合成着色料の黄色4号で染めたものです。

自分はあの色を見ると食欲が失くなるのですが、多くの人はあれが「たくあんの色だ」と思い込んでいるようで、だからこそ業者も黄色4号を使い続ける「負の連鎖」になっています。

また、たくあんに限らず、漬物類には保存料のソルビン酸カリウムが使用されているケースが多く、これも問題の添加物です。

それ以前に、原料であるダイコンや野菜が、非常に不安を感じさせる中国産の塩漬けであることが問題です。

何年前の野菜かも分からず、しかもほとんど検査されていないのです。塩漬けですから検査しても正確な分析もできません。中国の場合、その塩さえも怪しいという疑念が払拭できません。

ほとんど食べ物とは思えないこうした輸入野菜をむりやり美味しそうな漬物にする為に、どうしても数多くの添加物を使うしかないのでしょう。

余計なものを加えておらず野菜の旨味が残る本来の漬物を購入するようにしましょう。

お菓子類

チューインガムにしても、駄菓子などにしても、人工甘味料の「スクラロース」「アスパルテーム」「アセスルファムK」を使用しているものは避けたほうが無難です。

ガムに使用される「キシリトール」は問題ありません。できればガムはキシリトールだけ使ったものを選んだ方がよいです。

また、不自然なほど白いお菓子(例えば甘納豆)は、漂白剤の次亜硫酸ナトリウムを使用しています。

ポテトチップスなど油を使う菓子は過酸化脂質が気になりますので食べすぎに注意しましょう。抗酸化ビタミンを同時に摂るとこともおすすめします。

お菓子類は全般的に着色料や調味料、増粘多糖類など添加物が多いものですが、一括表示などでどのような物質を添加しているのか分からないケースもよくあります。

塩分や糖分も気になりますし、食べる量には気をつけるようにしましょう。

 

ドリンク類

低糖・糖質ゼロなどを謳う飲み物は、砂糖は使っていませんが、その代わりに問題の多い合成甘味料を使用しています。

「スクラロース」「アスパルテーム」「アセスルファムK」などの甘味料は砂糖の何百倍もの甘さがあり、カロリーはなく、しかも安いと良いことずくめなのですが、動物実験で様々な障害が報告されているいわくつきの合成甘味料なのです。スポーツドリンクなどにもこうした甘味料が使われています。

とくにコーラはこうした合成甘味料の宝庫で、添加物だらけの飲み物と言えましょう。そもそも、「砂糖は太るから」という理由で嫌気されるのでノンシュガーなどを前面に出している訳ですけども、砂糖の代替に使っている甘味料に「太らない」という根拠はまったくなく、逆に最近では砂糖より太るのではないか、健康を害するのでないか、という疑念も多くなっています。

消費者側も、清涼飲料水などを飲んで痩せられるいう幻想は捨てるべきではないでしょうか。また、栄養ドリンクには保存料の安息香酸ナトリウムが使われているケースが多いようですが、これも避けたほうがよい添加物です。

アルコール類や炭酸飲料には、それ自体に殺菌・保存の力がありますので、普通に考えて添加物など必要ないと思うのですが、それでもやはり添加物を加えるのですね。
日本酒は米だけの純米酒、ワインは亜硫酸塩やソルビン酸カリウムを使用していなものを選びましょう。

ビールの場合これは個人的な話ですが、自分は国産では地ビールだけ、あとはドイツなどのビールしか飲みません。国産の大手メーカーのビールは混ぜ物が多すぎて不味いからです。

 

調理済み食品

市販の弁当

コンビニの弁当には「保存料・合成着色料不使用」と表示してあることが多いです。しかし、この表示を見て「添加物を使っていない」などと錯覚してはいけません。

保存用の添加物は保存料だけではないし、天然系の着色料は使用しています。そして天然着色料のすべてが安全というわけでもないです。

むしろこう読むべきでしょう「保存料と合成着色料は使ってないがが、その代わり他の添加物を沢山使っています」

殺菌料やPH調整、調味料や香料、添加物だらけなのです。

とくに気になるのは、漂白剤や発色剤を使っているおかずがあることです。付け合せの漬物や野菜の煮物、ウインナーなどがそうですね。

こうした付け合せに関しては、コンビニだけではなく、普通の弁当屋さんでも同じことで、スーパーなどで購入する弁当もまったく同じです。

特に【駅弁】は添加物の使用量が凄いですね。

弁当はコンビニの主力商品ですので、コンビニ各社が全国の店舗で販売している総量は膨大なものになるでしょう。

つまりそれだけ食べている人が多いということです。亜硝酸ナトリウムなど問題の多い食品添加物を使用した弁当を、毎日食べている人もいるかも知れません。

 

市販のおにぎり

コンビニなどのおにぎりは、まずコメの段階から添加物が加えられている場合があります。安い古米の方が利益率が良いわけで、それを美味しく感じさせるために「精米改良剤」や「炊飯改良剤」などを使用するのです。

おにぎりの具には、調味料、PH調整、着色料、香料なども使われていますし、タラコ・明太子などには亜硝酸ナトリウムも使用されています。

 

 

調理済みパスタ

すぐに食べられるパスタは便利ではありますが、これも添加物だらけです。

しかもほとんどが一括名で表示されていますので、具体的にどのような物質を添加しているのが分かりません。

明太子、タラコ、ベーコン、ウインナーなどには亜硝酸ナトリウムが使われています。

 

カット野菜サラダ

袋詰にされているキャベツの千切りなどは、手間が省けて便利ですね。しかし、変色を防止するために「次亜塩素酸Na」を使っているのをご存知でしょうか。

次亜塩素酸Naとは漂白剤やカビ取り剤の主成分で、猛毒のひとつです。これを薄めて食品を殺菌すれば、殺菌と同時に変色が防止できますので、スーパーだけではなく外食でも幅広く使われています。

もちろん洗い流せば問題はないのですが、人間のすることには必ずミスが出てきます。残留していないとは言い切れません。

食べる場合は必ずニオイをかいでみるようにしましょう。塩素臭がしたら自分で再び洗うか、食べないことです。

 

食パン・サンドイッチ

パンの製造には100種類前後の添加物が認められていますが、このうち最も問題なのが臭素酸カリウムです。これをいまだに使用しているのが◯崎パンで、非常に柔らかい口当たりが特徴です。

フィリング(具材)に添加物を多用した市販のサンドイッチもおすすめできる食べ物ではありませんけども、それに加えて◯崎パン製の食パンを使っていれば、これはもう「要注意」というところでしょう。

 

ハンバーガー・菓子パン

バンズも具材も添加物だらけです。
菓子パンはソルビン酸や亜硝酸ナトリウムなど避けたい添加物が含まれているケースが多く、ハンバーガーの場合はトランス脂肪酸も気になります。

 

おつまみ

サラミやビーフジャーキーには亜硝酸ナトリウムが、裂きイカや燻製などにはソルビン酸や甘味料のステビアなどが。他にも添加物が盛りだくさんです。できるだけ添加物の種類が少ないものを選んだほうが賢明です。

 

http://temaeitamae.jp/health/care-1/b/01.html

ここまでの説明で、もう充分でしょう。

日々、口にしている食材には、相当な量の食品添加物が入っていることは充分にご理解いただけたと思います。

 

 

食品添加物や、重金属、環境ホルモンが身体に与える影響は?

 

私たちの身体には毒となる有害物質が身体にたくさん取り込まれていることはわかりましたが、その物質たちは身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

有害物質が体内に蓄積されていくと、まず影響を受けるのが新陳代謝です。

 

新陳代謝が遅くなることは細胞が生まれ変わる速度が遅くなることを意味します。

細胞が生まれ変わる速度が遅くなることで、細胞機能に悪影響を与えてしまいます。

それが常態化していくと、臓器の機能障害へと変わっていきます。

この状態を打破し、体内にある、悪影響を与える有害物質や、老廃物を身体の外へ排出することをデトックスというのです。

 

 

 

デトックスには3種類の方法がある

 

デトックスには3種類の方法があります。

汗、尿、便、この3つになります。

岩盤浴、ホットヨガ、ウォーキング、ゲルマニウム温浴、数え上げてもキリがありません。

しかしながら、上記に記載している岩盤浴を初めとするデトックス手法は汗です。

老廃物の排出割合は

上記に記載している比率になります。

もちろん、岩盤浴、ホットヨガ、ウォーキング、ゲルマニウム温浴等、様々なデトックスの方法があることについて一切否定はしません。

岩盤浴、ホットヨガ、ウォーキング、ゲルマニウム温浴等には表皮となる皮膚の改善へと進めることが出来る有効な方法だからです。

 

しかしながら、デトックスの割合を75%以上占める、便のデトックス。

 

ここを攻略することで、他のデトックス効果が相乗的に効果を表すことは否めない事実です。

 

つまり、本格的にデトックスを攻略するには、便のデトックスを解消しないことには始まらないのです。

 

 

つまり下図のような状態に陥っている状態を改善しなければ、真のデトックスとはなりえないのです。

 

デトックスを成功させる為には腸内環境を整備することから始めましょう

体内に蓄積された、毒素の約75%は便から排出されることは上記に記載していることで明白になりました。

 

つまり、デトックスを成功させる為には便の排出効率を上げること=腸内環境を整えることが必要不可欠ということです。

 

便秘が酷いと、腸内に有害物質や老廃物が溜まり、腸内の悪玉菌が増え、腸の活動量が低下し不要な毒素を再吸収してしまうことにもなりかねません。

そこで、デトックスを行うのに適した要素がクロロフィルなのです。

 

 

クロロフィルのデトックス効果

クロロフィルには、食物繊維の5000分の1の大きさで小腸絨毛(じゅうもう)の奥に蓄積したダイオキシン、残留農薬、有害金属(水銀、鉛)を取り除いてくれる働きがあります。

下部写真は小腸の絨毛の写真です。

 

写真のように小腸絨毛には無数の突起があり、入ってきた食べ物の栄養を吸収しながら先へ先へと送り出す働きをしています。でこぼこした谷間の谷の部分で栄養素を吸収するのです。

しかしながら、この谷間に有害物質が溜まってしまうと、栄養を吸収出来ないばかりか、谷間に溜まった有害物質を再吸収しようとしてしまうのです。

 

クロロフィルは絨毛にこびりついた有害物質を取り除くので健康維持には欠かせない栄養素だと言えます。

 

 

緑の血液とも言われるクロロフィル

 

 

クロロフィルは血液の中にあるヘモグロビンと似た構造を持っており、造血作用に大きな効果を発揮します。

また、血液をサラサラにし、コレステロールを排泄する作用があるので、動脈硬化の予防に効果的だと言われています。

 

消臭効果を持つクロロフィル

 

 

デトックスと並び、クロロフィルで注目されている効能は、体臭などの消臭効果です。

実際に販売されているクロロフィルのサプリメントでは、体臭、口臭、加齢臭、便臭、汗など多岐に渡ります。

この消臭効果は、クロロフィルが持つデトックス作用と繋がっています。

整腸作用のあるクロロフィルは、胃腸が荒れてくると息が臭くなってきますが、体内へ入ったクロロフィルは悪玉菌が生み出した悪臭分子をデトックスとして排出するので、臭いの元を消してくれるのです。

 

 

胃腸の調子が悪いと、口臭や、体臭に何故影響が起こるのか?

 

 

悪臭分子は腸内で悪玉菌により生み出されますが、、便秘などの原因によってすぐに排出されない状況が続き、長時間体内に留まると、小腸純毛から体内へ吸収されてしまいます。

これが、身体の中を巡って肌から排出されると体臭の原因になってしまったり、吐く息から悪臭の原因となってしまったりします。

 

つまり、クロロフィルはこの悪臭分子を元から除去してくれるのです。

 

他にもクロロフィルには多くの作用がありますのでこちらでご紹介させて頂きます。

 

コレステロール値の抑制

 

クロロフィルには血液中のコレステロールを吸着して排出しやすくする働きがあります。これによりコレステロール値が正常化され、高血圧や血栓症の予防にもなります。

さらには心筋梗塞や脳梗塞、その他の多くの生活習慣病の原因となる動脈硬化を防ぐ効果も期待できます。

 

 

貧血を予防する効果

 

 

クロロフィルは別名「緑の血液」と呼ばれるほど、人間の血液に含まれる色素成分ととてもよく似た構造をしています。

実際に人間の体内でも血中の鉄分と結びつき、血液の質の改善や造血機能を向上させる働きをもたらすことがわかっています。

 

デトックス効果

 

クロロフィルには素晴らしい浄化作用があります

食物を介して運び込まれたダイオキシンやカドミウム、鉛などの有害物質や老廃物が体内に蓄積するのを防ぎ、吸着して体外に排出しやすくします。

 

 

便秘改善

 

腸壁にこびりついた有害物質や悪玉菌などの老廃物はクロロフィルに吸着されて体外に排出されます。これにより腸内環境が整えられ、乱れた排便リズムも正常化に向かいます。

 

 

消臭作用

 

クロロフィルにはすぐれた消臭作用、殺菌作用があり、摂取することで口臭や体臭、便臭などを和らげる効果が期待できます。ガムや歯磨き、サプリメント、消臭スプレー等にもクロロフィルが配合されている商品は少なくありません。

 

 

またクロロフィルの働きで腸内環境が整うことから、便秘を原因とする体臭を改善することができます。

 

 

癌の予防

 

わたしたちの体を攻撃し、細胞内のDNAを傷つけ劣化させる活性酸素。癌や多くの生活習慣病はこのような活性酸素の仕業によるところが大きいと考えられています。

クロロフィルには強力な抗酸化作用があり、発生した活性酸素を無害化したり消去したりする働きがあります。

クロロフィルには免疫力を向上させる作用もあるため、癌の発生を抑える働きが期待できます。

 

美肌効果

活性酸素はシミ、シワといった肌の老化や肌荒れなどの原因を作ると考えられています。クロロフィルの抗酸化作用は強力で、若々しい美白肌のキープに大いに役立ちます。

また、クロロフィルには殺菌作用、免疫力をアップさせる作用があることから、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑えることができます。

 

歯周病・虫歯の予防

 

クロロフィルの強力な殺菌作用が口腔内の雑菌の繁殖を抑え、歯周病や虫歯の発生を防ぎます。

 

http://aojiru-bu.net/archives/1790

クロロフィルを摂る方法は?

クロロフィルは簡単には摂取出来ない?

クロロフィルを含む食材は多岐にわたります。

各食品100gに含まれるクロロフィルの含有量は以下となります。

  • ほうれん草:76.8mg
  • 小松菜:71.2mg
  • にら:40.9mg
  • 春菊:34.8mg
  • 焼き海苔:33.3mg
  • パセリ:28.2mg
  • しそ:15.9mg
  • わかめ:12.8mg
  • ブロッコリー:14.0mg
  • ピーマン:10.5mg

しかしながら、含有量が沢山あっても吸収となると話は別なのです。

上記に記載しているものは全て植物だからです。

植物からの吸収は非常に難しいのです。

理由は細胞壁にあります。

 

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

 

植物には必ず、細胞を守るための細胞壁があります。

クロロフィルは細胞壁で守られているため、その細胞壁を破壊して初めてクロロフィルを吸収することが出来るのです。

細胞壁を破壊する方法には大きく分けて二つあります。

 

 

加熱して細胞壁を破壊する

細胞壁を破壊する方法の一つとして、加熱する方法があります。

適度に熱を加えることで、細胞壁を破壊し、身体に取り込みやすくするのです。

しかしながら、加熱が過ぎると、細胞壁だけでなく、クロロフィルそのものを破壊してしまうことに繋がってしまいます。

加熱することも必要ですが、加熱しすぎないことも必要なのです。

細かく裁断する

クロロフィルが含まれた細胞壁を破壊するもう一つの方法は食品を細かく切ることです。

細胞壁は細かく切れば切るほど破壊されていきます。

みじん切りよりも、ミキサー、ミキサーよりもすりおろし、そのような加工が必要になります。

とは言え、毎回、ミキサーやすりおろしをしてクロロフィルを摂るのも大変です。

 

 

クロロフィルを摂る最良の選択は?

ミドリムシ、学術名ユーグレナです。

ユーグレナは、動物と植物、双方の栄養素を併せ持ち、植物の栄養素、動物の栄養素を含む、藻の一種となります。

何故、ここでユーグレナを紹介するかと言いますと、

 

ユーグレナには細胞壁がないのです。

 

だから、ユーグレナの栄養吸収率は、他の野菜などの植物と比較すると、

倍以上の吸収率を誇るのです。

 

 

ユーグレナがクロロフィルを摂る最良の選択である理由とは

クロロフィルが、腸内の純毛から有害物質を取り除くことは、この記事で説明させて頂きましたが、クロロフィルが腸内の純毛から有害物質を取り除いたとしても、また腸内の純毛に取り入れられてしまう可能性がクロロフィルだけでは否めません。

そこで登場するのが、ユーグレナにしか含まれていない独自成分。

 

パラミロンなのです。

 

クロロフィルが腸内の純毛から有害物質を取り除き、その取り除いた有害物質をパラミロンが連携して「吸着」し、「排出」させるのです。

 

 

クロロフィルとパラミロンの共同作業が出来るユーグレナ

 

他の食材にはパラミロンは含まれていませんので、クロロフィルと連携して最良のデトックス効果を促せるのはユーグレナにしかありません。

 

当然ではありますが、ユーグレナにはパラミロンもクロロフィルも豊富に含まれています。

この最高の組み合わせを是非体感して頂きたいです。

実際に私自身もユーグレナを摂取していますが、ほぼ初日から便通が良くなります。

これは多くのユーグレナユーザーが感じる、ユーグレナ効果の初動体験となります。

是非、お試しください

 

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃  《今だけ限定!》話題のミドリムシがお得に試せる!
┃★┃ 『ミドリムシ ナチュラルリッチ』特別モニター大募集!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま、テレビや雑誌で話題のミドリムシ!

その正体は、健康と美容に大切な『59種類』もの栄養素を
バランスよく含んだ、夢のオールインワン食材なのです!

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃5┃9┃種┃類┃の┃栄┃養┃素┃が┃こ┃れ┃1┃つ┃に┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
●ビタミン  『14種』(特にビタミンB郡を多く含む)
●ミネラル  『 9 種』(現代人に不足しがちな亜鉛も豊富)
●アミノ酸  『18種』(内必須アミノ酸9種も含む)
●不飽和脂肪酸『11種』(魚に多く含まれるEPA、DHAも備える)
●その他   『 7 種』(パラミロン、クロロフィルなど)

そんな、スーパー食材ミドリムシのサプリメント
エポラの『ミドリムシ ナチュラルリッチ』がお得に試せるチャンス!

┌☆。・'*:.──────────────┐
│                   │
│      《今だけ限定!》      │
│ 通常価格3000円 → 463円! │
│                   │
└─────────────。.'゜*:・☆┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   《一度きりのワンチャンスキャンペーン》   ┃
┏━★        特別モニター大募集!       ★━┓
┃☆┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛☆┃
┗━━┛▼安心の完全無添加・国内産!詳しくはこちら!▼┗━━┛

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実質タダでユーグレナを手に入れる秘策!59種類栄養素の価値を感じてください!

ユーグレナには59種類の豊富な栄養素がバランス良く詰まっています。

ビタミン類14種類

ミネラル9種類

必須アミノ酸を全て含むアミノ酸類18種類

DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸11種類

パラミロンなどの特殊成分7種類が含まれています。

 

ただ、栄養素が詰まっているだけではありません。

バランスが取れているから凄いのです。

栄養が豊富なだけではない、ユーグレナ

その栄養の「バランス」の凄さについて説明します。

桶の理論、ご存知でしょうか?

ユーグレナのアミノ酸スコアは83! 脅威のバランスです。

 

そして、そのバランスが取れたユーグレナの栄養吸収率は93.1%

なぜ、それまでに栄養吸収率が高いのか、

それは生野菜などの植物にある細胞壁がないのです。

 

動物と植物、双方の魅力を兼ね備えたユーグレナだから

栄養素のスーパーバランス、そして栄養吸収率が違うのです。

 

細胞壁を持たないユーグレナは栄養吸収率はなんと93.1%!

必須アミノ酸のアミノ酸スコアはなんと83!

そのうえ、パラミロンという独自成分が体内に溜まった

老廃物や、脂肪、プリン体を除去し、新陳代謝を向上させるのです。

ユーグレナのスーパーサイクル!

豊富な59種類の栄養素⇒93.1%の栄養吸収率⇒デトックス効果で新陳代謝向上⇒

他の有名な健康食品と比較してもその栄養素の量数共に大きな差があります。

ユーグレナがスーパーフードと言われる理由が明確に見えます。

もはや、このレベルだと、スーパーフードではなくアルティメッド(究極)フードだと言っても過言ではないと考えます。

 

根拠は下の栄養数比較表をご覧ください。

現在、多くの健康食品が溢れていますが、これだけの栄養素を含んでいるユーグレナは

圧倒的な強さを誇っています。

未来の可能性をたくさん秘めているユーグレナ。

 

ここまで、丁寧に説明差し上げても、なかなか踏み出せないユーグレナ。

いくらユーグレナとは言ってもミドリムシ。

藻の一種だと言われても、さすがにちょっと抵抗がある。

いくら体に良いと分かっていても、なかなかその一歩を踏み出せない方も多くいらっしゃいます。

 

今回はそのような方のために、まずはタダでユーグレナを購入できる秘策をご紹介いたします。

まずは下記の青文字をクリックして、お試しユーグレナを注文してみてください。

 

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

数日でユーグレナと一緒に初回限定スペシャルプレゼントが到着します。

ユーグレナクーポンです!

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

つまり、500円で購入したのに、500円のクーポン券が付いてくるのです。

これがユーグレナクーポン!

更に購入の際にお支払頂く500円は何と税込!さらに送料も無料!

そのうえユーグレナに関する特別冊子までついてきます。

 

もはや、500円とは思えないボリューム感です。

もう一度、お伝えしますね^^

 

①一週間分のユーグレナがついて、

②ユーグレナ特別冊子がついて、

③500円のクーポン券がついて、

④送料も無料でお届け!

 

実質タダ、というよりこの素晴らしさを心から共有したい、

その価値がユーグレナにあります。

 

ユーグレナ 美由紀
元看護士の私も自信をもっておすすめします。人の身体に必要なすべての栄養素が詰まっているユーグレナだから、身体の細胞ひとつひとつが元気になっていくのを感じとることが出来ます。吸収率も93.1%と驚異的数値!まずはお試し下さい。

 

是非お試しいただきたいユーグレナ!↓の青文字をクリックしてみてください。

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!