アドセンス




ユーグレナのゼアキサンチンで白内障、黄斑変性症予防

 

前回、ユーグレナに含まれるルテインについて説明させて頂きましたが、もうひとつ重要な栄養素が含まれています。

それはゼアキサンチンと言われる栄養素です。

今回はルテインと似て非なるゼアキサンチンについて説明させて頂きます。

 

まずはルテインのおさらい

 

 

ルテインの特徴①抗酸化作用

 

ルテインは、私たちの瞳の中の水晶体や黄斑部に存在する成分で、強力な抗酸化作用をもっています。緑黄色野菜等に含まれている黄色の天然色素になります。

また、ルテインには黄斑部が活性酸素から受けるダメージを軽減する働きを持っています。

そのため、加齢による黄斑部の変性症に対する予防や改善効果が期待されており、

実際にルテインとゼアキサンチンを服用することで黄斑変性症のリスクが減少するというデータもあります。

 

 

ルテインの特徴②白内障への効果

 

もうひとつ、水晶体のタンパク質が活性酸素によるダメージによって変性し、白く濁ってしまう白内障にも効果があると言われています。

つまり、ルテインが目に入ってくる有害な光を吸収してくれるからです。

 

ルテインの特徴③コントラスト感度の向上

 

他にも黄斑部にルテインが蓄積すると、モノの濃さや薄さを見分けるコントラスト感度が改善する効果も見込まれます。

 

 

ルテインの特徴④美肌への向上影響

 

また、ルテインは目だけでなく、皮膚にも含まれているため、酸化や紫外線のダメージから皮膚も守ってくれるので、ルテインとゼアキサンチンはよく、化粧品にも含まれているのです。

 

それではルテインについて復習したところで、ゼアキサンチンの効果についても確認していきましょう。

 

 

ゼアキサンチンの効果

 

ゼアキサンチン

 

ゼアキサンチンもルテインと同じくカロテノイドの一種で、強力な抗酸化作用を持っています。目の黄斑部や水晶体に存在しているのもルテインと同じです。

 

その抗酸化力による黄斑変性症に対する予防・改善効果もルテインと同じように期待されていますが、ルテインが黄斑部の周辺部に存在しているのに対し、ゼアキサンチンは黄斑部の中心部に多く存在しているため、より黄斑変性症の予防・改善効果が高いと考えられています。

 

水晶体の活性酸素による酸化が原因で起こる白内障への効果もルテインと同様ですし、化粧品にもゼアキサンチンが使われている事から肌の老化を抑える作用が期待されている事もルテインと同じです。

 

 

ルテインとゼアキサンチンの違いとは?

 

ルテインとゼアキサンチンは、とても良く似たものです。それもそのはずで、ルテインとゼアキサンチンは分子式は同じなのです。ただ、化学構造が違うために事なった性質を示しているんです。

 

体内の代謝によって、ルテインの構造が作り替えられたものがゼアキサンチンです。
このルテインとゼアキサンチンの関係を、構造異性体と言います。
だから、両者はほとんど似たようなものなのです。

 

ルテインを摂取すると、私たちの体の中でルテインとゼアキサンチンに別れます。正確に言うと、ゼアサンチンによく似た働きをするメゾゼアキサンチンという物質に変わります

 

ゼアキサンチンとメゾゼアキサンチンは、立体異性体という関係になります。これも構造異性体と同じようなものですから、とてもよく似たものなのです。

 

 

ルテインだけを摂取すればいい?

 

 

摂取

 

ルテインを摂取するとゼアキサンチン(実際にはメゾゼアキサンチン)も体内に発生することになります。この事から、ルテインを摂取していればゼアキサンチンは必要ないように思えますが、実際には両者をバランスよく摂取する事で大きな相乗効果を得られる事が分かっています。

具体的には、ルテイン10㎎に対してゼアキサンチン2㎎を摂取すると、

 

黄斑変性症の発症リスクが57%減少し、進行リスクも26%減少するんだそうです。

 

 

ルテインもゼアキサンチンも、年齢を重ねると体内で作られなくなってきますから、サプリメントなどで補充してあげると眼病予防などに効果を発揮します。

ルテインかゼアキサンチンのどちらかだけを使ったサプリメントもたくさんありますが、本当は両方を含んだサプリメントを摂取するのが効果的なのです。

 

http://www.checkczech.jp/cafeano/ruteinzeakisantin.html

 

昨今の研究では、同じ黄斑部でもゼアキサンチンとルテインは存在している場所が違うことが言われています。また、両社が持つ働きが異なる可能性が示唆されています。

 

 

黄斑部を拡大したものが下の図になります

 

 

 

ルテインは黄斑部に存在する

 

カロテノイドは、それぞれ体のあちこちに蓄積され、用途に応じて「出動」します。ルテインの場合は、私たちの目の黄斑部、水晶体、硝子体、角膜、腸、女性であれば子宮頸部の組織、乳房に蓄積されることがわかっています。

 

ルテインが、黄斑部に存在することは、1945年、ハーバード大学のジョージ・ウォルド教授によって発見されました。それと同時に黄斑部にはカロテノイドの一つであるゼアキサンチンも存在することがわかりました。ルテインとゼアキサンチンは、ともに黄色のカロテノイドですが、黄斑部の黄色は、実はこのルテイン、ゼアキサンチンによるものなのです。

 

その後、1995年に、タフツ大学の研究者グループが、水晶体にもルテインが存在することを発見しました。

 

また、人間の目にはルテイン、ゼアキサンチン以外のカロテノイドは存在しないこともわかりました。さらに、現在は、硝子体、角膜にもルテイン、ゼアキサンチンの存在が確認されています。ルテインとゼアキサンチンは、人体においてかならず「セット」で存在しています。

 

体内の代謝により、ルテインは適切な量のゼアキサンチンに変換されるのです。つまり、ゼアキサンチンは、ルテインの異性体(分子式は同じだが化学構造の違いなどにより異なった性質を示す化合物)であり、さらに詳しくいうと、これにはゼアキサンチンそれ自身とメソゼアキサンチンとの2つの異性体があります。

 

そして、網膜の黄斑部にはこのメソゼアキサンチンが存在しており、それはヒトの血漿の中には存在しないことから、網膜中のルテインより変換されたと考えられるのです。

 

つまり、網膜中、それも黄斑部にしかないメソゼアキサンチンは、視力に関わる極めて重要な機能を果たしており、その起爆剤的な、同じく重要な役割を果たしているのがルテインなのです。

 

 

したがって、ここで黄斑部に存在するルテインとゼアキサンチンという場合のゼアキサンチンは、メソゼアキサンチンであるとご理解ください。

 

メソゼアキサンチンは、植物等には一切含まれていませんから、食べ物として外から取り入れることはできません。

 

しかし、ルテインを経口摂取することで適切な量のメソゼアキサンチンに変換、あるいは黄斑にそもそもあるメソゼアキサンチンが活性化されると理解していただければよいと思います。

 

 

目は太陽の青色光に侵されやすい

黄斑には、何百万もの円錐形の光受容体が存在します。つまり、黄斑部は光を直接受ける部分であり、この光こそが、私たちがものを認識するために必要不可欠なものです。

 

しかし、その反面、光は細胞を酸化させる作用をもっています。すなわち黄斑部は、ものを見ているあいだ、たえず光にさらされ、光によって酸化されるという弱点があるということです。

 

光にもいろいろな種類がありますが、例えば紫外線には活性酸素を活性化させる作用があり、目の大敵です。蛍光灯の光や電球の光などは、太陽光線に比べれば作用は弱いものの、酸化力をもつことに変わりありません。

 

そして、私たちの目は、光の中でも高いエネルギーをもつ太陽の「青色光」に最も侵されやすいことがわかっています。

 

黄斑部が酸化の害に遭うと、細胞が破壊され、ものをきちんと認識でなくなります。すなわち、対象物の大きさや輪郭、色などが変わって見えたり、静止しているものが動いたり、曲がったように見えるなどです。これこそが、まぎれもなく「黄斑変性症」なのです。

 

黄斑に存在するルテインとゼアキサンチンは、目にとって一番悪い青色光を吸収し、その害を防ぐ働きをしています。単純にいってしまえば、ルテインとゼアキサンチンが十分にある状態であれば、黄斑変性症になどならないのです。

しかし、ルテインとゼアキサンチンが不足すれば、活性酸素が活発になり、黄斑部に変性をきたしてくることは避けられないのです。

40歳をすぎたらルテインは体内でつくられない

ルテインは、外からの摂取だけでなく、私たちの体の中でもつくられ、体の各部位に蓄積され、必要に応じて消費されます。

ここで問題なのは、ルテインが体内でつくられる年齢には制限があるということです。個人差はありますが、だいたい40歳を過ぎたら、もうつくれません。つまり、この年齢になると、体のルテインは減る一方で、それを増やすには外から(口から)取り入れなければならないというわけです。

ルテインの貯蔵分がなくなると、抗酸化作用が働かなくなり、黄斑変性症にかかる原因となります。ですから、ルテインの貯蔵量が減ってくる高齢者に黄斑変性症が増えるのは、ある意味では当然のことといえるでしょう。

これとは逆に、子どもはルテインの貯蔵量が多いため、黄斑変性症にはまずかかりません。
ある程度の年齢になったら、積極的にルテインを外部から補給することが、とても大切です。

 

 

ルテイン、ゼアキサンチンは黄斑変性症のリスクを下げる

ルテイン、ゼアキサンチンが目に特異的に存在することが明らかになって以来、その機能や役割に着目した疫学試験が相次いで行われました。

なかでも1994年、ハーバード大学のセッドン博士によって行われた試験は、たいへん興味深いものでした。
博士は診療所の患者(黄斑変性症356人、その他の眼科患者520人)に対し、食事試験を実施しました。

その結果、ルテインとゼアキサンチンを最高に摂取した患者と、最低または摂取しなかった患者とでは、黄斑変性症の罹患率に43%もの差があったのです。

また、このときルテインとゼアキサンチンの1日の摂取量は6mgが適量と発表されました。
さらに、博士は、黄斑変性症のリスクをルテイン、ゼアキサンチンは大幅に下げるが、他のカロテノイドにはそうした効果がないということを発見しています。

 

 

ルテインが黄斑変性症を改善するメカニズム

米国等での多くの試験・研究において、ルテイン、ゼアキサンチンの黄斑変性症に対する予防効果は証明されましたが、いずれも治療に効果があるというところまでは踏み込んでいません。

しかし、臨床試験においては、すでに治療目的としての効果を示唆する結果が出ています。

今一番悩んでいるのは、ほかならぬ黄斑変性症にかかってしまった方です。

ルテイン摂取は、予防のみならず、そうした方々に有効なのです。

ルテイン、ゼアキサンチンが、なぜ黄斑変性症の治療に効果があるのか、そのメカニズムは今後の研究の進展を待つしかありませんが、以下のような仮説を立てています。

 

ルテインとゼアキサンチンは、目の組織内において、欠落している部分、異常が起こっている部分に直接作用するのではないかと考えられます。

 

 

黄斑変性症は、黄斑部に新生血管がつくられ、これが絡み合ったり、出血を起こして、視力・視界にダメージを及ぼすものですが、ルテインを摂取すると、この新生血管が萎縮していくのが観察できます。

 

つまり、ルテインとゼアキサンチンには新生血管を萎縮させる作用があると思われ、萎縮した新生血管は、その後のルテイン摂取によって自然消滅する可能性があります。

 

新生血管が萎縮、消退すれば、目はどんどん見えるようになるのです。

 

 

また、これにもう一歩踏み込んで、ルテイン、ゼアキサンチンには新生血管を切断する働きもあると考えられます。

 

さらに、臨床試験では、新生血管が萎縮、消退した後、黄斑部の錐体細胞の状態がきわめて良好となり、光覚が改善されることもわかっています。

錐体細胞は、黄斑部の暗順応と明順応を司る部分で、暗順応とは明るい所から急に暗い所に行くと、最初は真っ暗で何も見えないのが、目が慣れてくるとだんだん見えてくる反応、明順応は反対に暗い所から急に明るい所に行くと、最初はまぶしくて見えづらいのが、だんだん慣れてくる反応です。ルテインの摂取によって、こうした目の光覚も改善されてくるというわけです。

 

 

ルテインは白内障に対しても効果

ルテイン、ゼアキサンチンと白内障の関係については、1992年、ハーバード大学のハンキンソン教授が発表した論文があります。教授は白内障患者である看護師493人を8年間観察し、摂取する食べ物の違いによる白内障症状の変化を調べています。

 

 

研究論文では、ルテインとゼアキサンチンを多く含むホウレン草を週4皿分摂取した患者の白内障は50%減少し、βーカロテンが豊富なニンジン、サツマイモ、冬カボチャを週5皿分摂取した患者には白内障の減少は見られなかったと報告されています。

この研究の発表以来、ハンキンソン教授らは同研究の追跡調査をしていませんが、現在、米国内では、黄斑変性症や白内障の予防におけるルテインとゼアキサンチンのカロテノイドの役割、機能、作用のメカニズムを理解するために、マルチカロテンを患者に用いた臨床試験の準備が進められているとのことです。

 

 

一方、米国の有力健康雑誌で発表された研究論文によれば、ルテインとゼアキサンチンの摂取量が最も高い女性では、白内障のリスクが22%低下し、男性では19%低下したと報告されています。

 

ルテインは、白内障に対しても、予防のみならず、積極的な治療効果をもっています。

 

ルテインは、目の黄斑部だけでなく、水晶体、硝子体、角膜に存在しますがこの水晶体、硝子体、角膜は無色透明なのです。ルテインはこれらの部分の透明度を司っている物質でもあります。

 

白内障は、水晶体が白濁する病気ですが、それは、何らかの原因でこのルテインの働きが阻害されたり、あるいはルテインの量が不足したために起こると考えられるのです。

したがって、ルテインを補うことによって、白内障の症状を改善させることができると予測されます。

 

白内障には、最終的には手術という手段がありますが、多くの方はすぐに手術をしなけれがならないほどには進行してはおらず「しばらく様子をみましょう」とか、「年をとれば誰でもなるものですから」などといわれたりします。また、「手術は、どうも気が進まない」という方も多いようです。

 

 

しかし、「見えづらくなる」ということは、それがほんの少しでも不便なものです。さらに、放っておけば進行もします。こんなとき、ルテイン摂取が有効です。

 

緑内障とルテインの関連性

臨床試験では、ルテインが緑内障に対して一定の効果をもつことが認められましたが、今のところ、緑内障とルテイン及びゼアキサンチンの関連性についての研究報告は発表されていません。
しかし、現在、米国のNIH(国立衛生研究所)などで研究が進められております。

朝日新聞2002年2月13日夕刊によると、米国コネティカット大学等の研究者が、緑内障を引き起こす遺伝子の一つをつき止めたと報道しています。遺伝子が特定されたのは40代以降に多い緑内障の7割を占める開放隅角緑内障で、10番染色体上の遺伝子に異状がある、と、米科学誌「サイエンス」に発表したとあります。

 

 

喫煙はルテインを消耗します

栄養素というものは、口から摂取し、胃腸で消化された後、肝臓に集められ、そこから血流に乗って全身に供給されます。このとき、必要なものが必要な部位に運ばれるわけですが、同時に栄養素はあちこちから需要があり、ときとして、各部位で奪い合いの状態になります。

全栄養素の60%は脳で消費されますから、残りの40%が他の部位に回る分ということになります。

こういう状況下で、目にまで栄養が行き届くというのは、実は大変なことなのです。ルテインも同じで絶対量が少なければ、目に十分にはまわってこないことになります。ですから、なおさらのこと、目の健康を守るには、日頃からルテインを十分摂る事が必要です。

一方、ルテインを無駄づかいしない工夫も必要です。
目に蓄積されているルテインは必要に応じて消費されますが、ときには、目を守る以外の目的で消費されてしまうことがあります。

例えば、喫煙。タバコを吸うと、目のルテイン量は、かなり減ってしまいます。

ですから、それだけで喫煙者は目の病気にかかるリスクが高い、ということがいえます。

 

ルテインの効率のよい摂取法

 

ルテインをはじめとしたカロテノイドは脂溶性であるため、脂肪分と一緒に摂ると吸収効率がよくなります。

ルテインが血流に乗って運ばれるというのは、つまり血中のコレステロールに混じって運ばれるということです。コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)がありますが、

ルテインは、余分なコレステロールを取り除くという、体にとって重要な働きをしている善玉コレステロールに混ざります。ですから、植物油や魚介類など、善玉コレステロールを増やす脂肪酸組成のよい油脂と一緒にルテインを摂ることが望ましいということになります。

 

サプリメントとしてのルテイン

食事から十分なルテインを摂っているのであれば問題はないのですが、残念ながら、多くの方々はそれができていない、というのが現状です。

 

そういう方にはサプリメント(栄養補助食品)の利用をおすすめします。

 

すでに、黄斑変性症や白内障などを患っており、これらの病気を改善したいという場合は、食事からの摂取ではどうしても足りませんから、やはりサプリメントの活用するのがいいでしょう。

 

サプリメントの摂取によって、体内のルテインを増やすことが可能なことは、すでに分かっており、米国では、サプリメントのルテインを摂取する場合は、ホウレン草からルテインを摂る場合に比べて、2倍も体内の活性能力が高い、という研究報告があります。

 

米国では、ルテイン配合サプリメントはたいへんポピュラーで、多くの人が日常的に飲んでいます。日本でも、最近は手軽に入手できるようになり、次第に注目されてきています。

 

ルテインサプリメントは、マリーゴールドの花弁から抽出されます。なぜ、ルテインを多く含むホウレンソウやケールから抽出しないか不思議に思われるかもしれませんが、理由があります。

これらの野菜には、他のカロテノイドも多種含まれていて、これからルテインだけを分離・抽出するのはたいへん複雑な工程が必要とされ、時間と費用がかかりすぎます。その点、マリーゴールドの花弁からの抽出は、効率よく多量のルテインを摂ることができるそうです。

 

そこで提案したいのが、ユーグレナです。

59の栄養素を持ち、ビタミンだけでも14種類、アミノ酸18種類、ミネラル9種類、EPA・DHAなどの不飽和脂肪酸、特殊成分など人に必要な栄養素をバランス良く含まれています。

また、ルテインも含んでいますが、このゼアキサンチンも含まれています。

 

また、せっかくの栄養素ですが、吸収出来なければ意味がありません。

ルテイン、ゼアキサンチン共に植物に含まれているため、双方の栄養素が含まれる部分には通常細胞壁と言う障害があるため40%前後でしか吸収は見込めません。

ユーグレナの栄養吸収率は93.1%にもなります。

ぜひ、ユーグレナからゼアキサンチンを摂ることをおすすめしたいと思います。

 

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃  《今だけ限定!》話題のミドリムシがお得に試せる!
┃★┃ 『ミドリムシ ナチュラルリッチ』特別モニター大募集!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま、テレビや雑誌で話題のミドリムシ!

その正体は、健康と美容に大切な『59種類』もの栄養素を
バランスよく含んだ、夢のオールインワン食材なのです!

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃5┃9┃種┃類┃の┃栄┃養┃素┃が┃こ┃れ┃1┃つ┃に┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
●ビタミン  『14種』(特にビタミンB郡を多く含む)
●ミネラル  『 9 種』(現代人に不足しがちな亜鉛も豊富)
●アミノ酸  『18種』(内必須アミノ酸9種も含む)
●不飽和脂肪酸『11種』(魚に多く含まれるEPA、DHAも備える)
●その他   『 7 種』(パラミロン、クロロフィルなど)

そんな、スーパー食材ミドリムシのサプリメント
エポラの『ミドリムシ ナチュラルリッチ』がお得に試せるチャンス!

┌☆。・'*:.──────────────┐
│                   │
│      《今だけ限定!》      │
│ 通常価格3000円 → 463円! │
│                   │
└─────────────。.'゜*:・☆┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   《一度きりのワンチャンスキャンペーン》   ┃
┏━★        特別モニター大募集!       ★━┓
┃☆┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛☆┃
┗━━┛▼安心の完全無添加・国内産!詳しくはこちら!▼┗━━┛

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実質タダでユーグレナを手に入れる秘策!59種類栄養素の価値を感じてください!

ユーグレナには59種類の豊富な栄養素がバランス良く詰まっています。

ビタミン類14種類

ミネラル9種類

必須アミノ酸を全て含むアミノ酸類18種類

DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸11種類

パラミロンなどの特殊成分7種類が含まれています。

 

ただ、栄養素が詰まっているだけではありません。

バランスが取れているから凄いのです。

栄養が豊富なだけではない、ユーグレナ

その栄養の「バランス」の凄さについて説明します。

桶の理論、ご存知でしょうか?

ユーグレナのアミノ酸スコアは83! 脅威のバランスです。

 

そして、そのバランスが取れたユーグレナの栄養吸収率は93.1%

なぜ、それまでに栄養吸収率が高いのか、

それは生野菜などの植物にある細胞壁がないのです。

 

動物と植物、双方の魅力を兼ね備えたユーグレナだから

栄養素のスーパーバランス、そして栄養吸収率が違うのです。

 

細胞壁を持たないユーグレナは栄養吸収率はなんと93.1%!

必須アミノ酸のアミノ酸スコアはなんと83!

そのうえ、パラミロンという独自成分が体内に溜まった

老廃物や、脂肪、プリン体を除去し、新陳代謝を向上させるのです。

ユーグレナのスーパーサイクル!

豊富な59種類の栄養素⇒93.1%の栄養吸収率⇒デトックス効果で新陳代謝向上⇒

他の有名な健康食品と比較してもその栄養素の量数共に大きな差があります。

ユーグレナがスーパーフードと言われる理由が明確に見えます。

もはや、このレベルだと、スーパーフードではなくアルティメッド(究極)フードだと言っても過言ではないと考えます。

 

根拠は下の栄養数比較表をご覧ください。

現在、多くの健康食品が溢れていますが、これだけの栄養素を含んでいるユーグレナは

圧倒的な強さを誇っています。

未来の可能性をたくさん秘めているユーグレナ。

 

ここまで、丁寧に説明差し上げても、なかなか踏み出せないユーグレナ。

いくらユーグレナとは言ってもミドリムシ。

藻の一種だと言われても、さすがにちょっと抵抗がある。

いくら体に良いと分かっていても、なかなかその一歩を踏み出せない方も多くいらっしゃいます。

 

今回はそのような方のために、まずはタダでユーグレナを購入できる秘策をご紹介いたします。

まずは下記の青文字をクリックして、お試しユーグレナを注文してみてください。

 

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

数日でユーグレナと一緒に初回限定スペシャルプレゼントが到着します。

ユーグレナクーポンです!

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

つまり、500円で購入したのに、500円のクーポン券が付いてくるのです。

これがユーグレナクーポン!

更に購入の際にお支払頂く500円は何と税込!さらに送料も無料!

そのうえユーグレナに関する特別冊子までついてきます。

 

もはや、500円とは思えないボリューム感です。

もう一度、お伝えしますね^^

 

①一週間分のユーグレナがついて、

②ユーグレナ特別冊子がついて、

③500円のクーポン券がついて、

④送料も無料でお届け!

 

実質タダ、というよりこの素晴らしさを心から共有したい、

その価値がユーグレナにあります。

 

ユーグレナ 美由紀
元看護士の私も自信をもっておすすめします。人の身体に必要なすべての栄養素が詰まっているユーグレナだから、身体の細胞ひとつひとつが元気になっていくのを感じとることが出来ます。吸収率も93.1%と驚異的数値!まずはお試し下さい。

 

是非お試しいただきたいユーグレナ!↓の青文字をクリックしてみてください。

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!