• 9種類のミネラル
    ユーグレナで骨粗しょう症にさよなら、軸のある身体!カルシウム効果!
    2017年12月06日
  • ユーグレナの59の栄養素
    健康食品の王道はユーグレナにあり!健康と59種類栄養素の秘密!
    2017年12月06日
  • 14種類のビタミン
    ユーグレナに含まれるビタミンB群の効果とは?
    2017年12月06日
  • 14種類のビタミン
    ユーグレナで簡単にアトピーの辛さ、髪薄、白髪を改善!ビオチン効果
    2017年12月06日
  • 7種の特殊成分
    ユーグレナで白内障、黄斑変性症予防!ゼアキサンチン効果!
    2017年12月06日
  • 18種類のアミノ酸
    ユーグレナでコラーゲンを作り、透き通る透明な肌!プロリン効果!
    2018年01月21日
  • 9種類のミネラル
    ユーグレナで不定愁訴の根源、むくみ、疲労感、不整脈を即改善、カリウム効果!
    2017年12月06日
  • 14種類のビタミン
    ユーグレナの葉酸妊活効果、男性にも効く!貧血、疲労にも有効な葉酸
    2017年12月06日
  • 18種類のアミノ酸
    ユーグレナに含まれる必須アミノ酸と非必須アミノ酸とは?
    2017年12月06日
  • ユーグレナニュース
    ユーグレナ ニュース
    2017年12月06日
ユーグレナで簡単にドロドロ血をサラサラ血に!不飽和脂肪酸効果
アドセンス




ユーグレナに含まれるサラサラ血にする油 不飽和脂肪酸

 

脂質は三大栄養素と言われる、炭水化物、脂質、タンパク質のひとつで、最も効率が良いエネルギー源です。

 

また、三大栄養素と言われる通り、人が生きていく上で欠かせないものになります。

脂質は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれますが、その性質は全くと言っていいほど異なります。

 

 

飽和脂肪酸と言われるものはバター、ラード、牛脂などの動物性と言われる脂質で常温で固まります。

 

 

摂りすぎると中性脂肪や、コレステロールを増加させ、高脂血症や動脈硬化を招く危険をはらんでいます。

一方、不飽和脂肪酸は、まぐろ、いわし、さんま、さばなどの魚類、もしくはオリーブ油、ごま油、シソ油などの植物油に多く含まれている脂質で常温で固まりにくく、体内で液体であるということが特徴となっており、血中の中性脂肪やコレステロールを調節する働きがあると言われています。

 

 脂肪に対する考え方を多くの人は間違っています!

 

脂肪=油に関する考え方を間違っている方が多いので、まずは考え方を整理して頂きたいと考えます。

脂肪はカロリーが高いから太る⇒ダイエットの天敵⇒摂りすぎると血液がドロドロのイメージを多くの方が持たれていますが、誤解があります。

 

 

 

上記のようなイメージを持たれている方は非常に多いのです。

改めて申し上げますが、脂質は三大栄養素と言われる通り、身体に必要な栄養素なのです。

不足すると、体がガス欠のような状態になります。

 

脂質不足で起こる不調

 

  • エネルギー不足で抵抗力が落ち、病気になりやすくなる
  • 体を構成する成分が不足するため血管がもろくなり、細胞や組織の老化が進む
  • 細胞の再生能力も落ちるため、病気やケガが治りにくくなる
  • 脂溶性ビタミンが不足し、体や肌の老化をはやめる
  • ホルモンバランスが乱れ、生理不順などさまざまなトラブルを招く
  • 肌の潤いが失われ、乾燥やシワなど肌トラブルをおこす
  • 便秘になりやすくなる

 

脂質について、問題なのは摂取する量ではなく、摂取すべき脂質の種類なのです。

 

 

まずは、体に良い脂質とは何なのかについて把握しておきましょう。

 

身体に良い脂質、悪い脂質を知ろう

 

二種類の脂質----飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

 

脂質の種類についてみてみましょう。

脂質はその主成分である脂肪酸の性質によって、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

 

◆飽和脂肪酸(摂りすぎに注意)

肉類の脂質、乳製品に多く含まれ、常温では固まる性質があります。

エネルギー源や身体を造る原料となる一方、血液の中の中性脂肪や悪玉コレステロールを増やし、ドロドロ血の原因となっています。

適度な摂取が大切であり、摂りすぎると脂質異常症や動脈硬化などの生活習慣病の原因になります。また、不足すると脳出血を起こしてしまう可能性があるため、適度な摂取が必要です。

 

◆不飽和脂肪酸(身体にいい脂です)

植物の種子油、青魚に多く含まれており、常温では液体となる性質があります。

血液中の余分な中性脂肪や、悪玉コレステロールを減らし血栓を防ぐなど、飽和脂肪酸とは全く逆の働きをします。

細胞や注機を造る材料としても使われ、エネルギーとして素早く燃焼されるため、体に溜まりにくく、ダイエットの味方となる頼もしい不飽和脂肪酸です。

 

 

必須脂肪酸って何?

 

必須脂肪酸は、細胞膜やホルモンをつくる原料になるほか、体の働きのほとんどすべてに関わっている、文字通り「必須」の栄養素です。

不飽和脂肪酸のオメガ6が必須脂肪酸に当たり、体内ではつくれないため、食事やサプリメントで摂るしかありません。

たとえばDHA・EPAのように、α‐リノレン酸を摂ることでつくられるものでも、体内合成だけでは必要量に満たないものも含まれます。

現代の食生活ではオメガ6の脂肪酸(特にリノール酸)は充分すぎて摂りすぎになっていますが、オメガ3(α‐リノレン酸、DHA・EPA)は不足しがちなので積極的に摂ることが必要です

 

 

脂質が果たす役割とは?

 

  • 体を動かすエネルギー源になる
  • 細胞膜・ホルモン・血液をつくる材料になる
  • 細胞・神経・骨・皮膚を保護し体温を保つ
  • 脳内の神経・伝達機能をコントロールし、脳の働きを活発にする
  • ビタミンA・Eなど脂溶性ビタミンの吸収を高める
  • 消化・吸収・排せつがスムーズに行われるよう助けをする
  • 潤いのあるなめらかな肌や、しなやかな体をつくる
  • 体を守るクッションになる

上記の役割があります。

 

 

不飽和脂肪酸で有名なDHA・EPAは”体に良い油”の代表選手!

 

DHA・EPAは不飽和脂肪酸グループ、多価不飽和脂肪酸の一員で、オメガ3に属する〝体に良い油″の代表です。

α‐リノレン酸からもつくられますが、体内合成だけでは足りない必須脂肪酸なので、新鮮な青魚やサプリメントでしっかり補いましょう。

 

 

DHA・EPAがダイエットに良いわけは?

 

ダイエット中なので油を控えている――そんな人はまだ多いようですね。

ここまで読んでいただいた方はお分かりと思います。

油脂のすべてがダイエットの敵というわけではありません。

 

摂りすぎると体脂肪になるのは、肉類の脂身や生クリームなどの飽和脂肪酸。

良質な油であるオメガ3とオメガ6の油は体内に蓄積されず、むしろダイエットをスムーズに成功させる必須アイテムと言えます。

その理由は、血液をキレイにするサラサラ効果が関係しています。

体や衣服を洗うのに油脂分を使いますが、原理はそれと同じこと。

内臓や腸、血管に溜まった脂肪やモロモロの老廃物は、油で洗い流すのが一番というわけです。

お肌をカサカサにしないためにも油抜きダイエットはNGです。

ダイエット中こそ意識して良質な油を選び、ツヤツヤお肌のスリム美人を目指すべきです。

 

 

摂取過剰に注意! トランス脂肪酸ってどんなもの?

アメリカの食品医薬品局(FDA)は、マーガリンなどの加工油脂に使用されているトランス脂肪酸の食品への添加を、2018年6月以降原則禁止することを決定しました。「トランス脂肪酸の摂取を減らせば、年に7000人の死者と最大2万件の心臓発作を避けられる可能性がある」と発表しています。それでは日本ではどうでしょうか。トランス脂肪酸について、最近の動きについてご紹介したいと思います。

 

トランス脂肪酸って何?

 

トランス脂肪酸は、植物性油を精製する工程で、原材料にヘキサンという化学溶剤を加えて高温処理する際に生まれる副産物です。

 

サラダ油などの植物性油、マーガリンやショートニング、さらにこれらの油を使ってつくられる菓子パンやケーキ、ドーナツなどの洋菓子、ポテトチップスなどのスナック菓子にも含まれています。

ランス脂肪酸は摂りすぎると動脈硬化や心臓病、アレルギーなど体にさまざまな害をおよぼす〝危険な油″の一つ。

最近では脳の血管にも悪影響を与え、アルツハイマー病やパーキンソン病を引き起こす原因になるという報告もあります。

 

DHA・EPAにはトランス脂肪酸の害から守る働きも!

 

トランス脂肪酸はほかにも、ファーストフードやファミレス、コンビニ弁当や持ち帰り惣菜の揚げ物類、冷凍食品の揚げ物やピザ、カップ麺やインスタントのカレールウなどにも使われています。

かといって、これらの食品をまったく食べないのは現実的に難しいです。

日本でのトランス脂肪酸の摂取量は欧米に比べて少なく、問題になって以来トランス脂肪酸をへらす努力をしている食品メーカーやレストランもありますので、普通の食生活を送っていればそんなに神経質になる必要はありません。

ただ知らず知らずのうちに積み重なっていく危険を考えると、大切なご家族の健康を守るためにもできるだけ避けるよう心がけたいです。

オメガ3のDHA・EPAには、トランス脂肪酸の害を抑える働きもありますので、その意味でもDHA・EPAを積極的に摂りたいですね。

 

 

ドロドロ血液の弊害

 

日本では、昔から魚を食べる習慣があったため、DHAとEPAの摂取量が多く、理想的とされていました。
ところが、年々、魚の摂取量が減り、肉類の摂取量が増加してきています。
この習慣の変化が、中性脂肪の増加やコレステロール値を高め、血液をドロドロにするので、社会的にも問題視されています。
ドロドロの血液とは、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールが過剰に増えることが原因で、血液が粘っこくなっている状態です。
血液が流れにくくなり、
血圧が上がるだけでなく、
血栓もできやすくなり、
酸素や栄養が体のすみずみまで運ばれず、
心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などを引き起こす可能性も高くなります。
血液をドロドロにする要因は、脂肪分の多い食事だけでなく、甘いものの食べ過ぎやタバコや飲酒、ストレス、睡眠不足や過労など生活の様々なところにひそんでいます。
このような生活習慣には、ぜひ気をつけたいものです。

DHAとEPAのコレステロールとの関係

 

DHAとEPAにはコレステロール値を調整する働きがあるといわれています。
そもそもコレステロールは細胞膜の成分にもなる脂質なので、存在そのものが悪いわけではありません。
コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、悪玉コレステロールが過剰に増えると、酸化を起こし、少しずつ血管の壁に付着して剥がれにくくなってしまい、これが動脈硬化の原因になるといわれているのです。
DHAやEPAには、悪玉コレステロール値を下げる効果もあるといわれていますので、上手に取り入れたいですね。

血液をサラサラにするDHAとEPAを効率的に摂るには

 

血液をサラサラにする効果があるといわれているDHAとEPA。
このどちらの成分にも中性脂肪や体内の悪玉コレステロールを減らす働きがあるといわれています。
しかし、DHAとEPAは、どちらも体内で合成されない必須脂肪酸であるため、食事で摂らなければなりません。
DHAとEPAを食品から摂取するには、やはり魚を積極的に食生活に取り入れることが有効でしょう。
DHAやEPAは、魚の油に含まれる成分なので、油の乗った、まぐろ、さんま、さば、いわし、あじ、かつお、ぶりなどに多く含まれています。
ただし、注意したいのは、熱に弱い成分だということです。
効率よく摂るには、お刺身がよく、揚げ物や網焼きにするとせっかくのサラサラ成分が十分に摂取できない可能性もあります。

DHAで脳も活性化

 

食物から摂取されたDHAとEPAは、小腸から吸収され、血液によって体中に運ばれていきます。
このときDHAは、脳へも運ばれます。
脳は大切な場所であるため、脳に必要な成分しか通過できない関門があります。
DHAは、その関門を通過できる数少ない成分のひとつ。
DHAは、脳への情報伝達に欠かせない成分の原料となって、脳を活性化したり、処理能力や集中力、判断力を高めるともいわれています。
昔から、魚を食べると頭が良くなるとよく言われますが、特に成長期にDHAを摂取すると、脳の発育に有効だといわれています。

DHAとEPAを含む食材

 

血液サラサラ成分であるDHAとEPAは、生活習慣や偏った食事が気になっている方に、特に摂取していただきたい成分です。
もちろん健康な方も良好な状態を維持するためにも、できるだけ積極的に食事に取り入れましょう。
DHAとEPAの2つの成分を含んでいる食材は、魚介類や海藻です。特に、まぐろ、さんま、さば、いわし、あじ、かつお、ぶりなどに含まれ、まぐろやさばの頭や目の周りなどには特に多く含まれていると言われています。
また、魚の油の成分なので油の乗ったものの方がより豊富に含まれているといえるでしょう。
ただし、DHAとEPAは、熱に弱く酸化しやすいので注意が必要です。
調理方法としては、生で食べるお刺身が最適。加熱するなどして、油を除いてしまうと、せっかくの有効成分が損なわれてしまいます。

不飽和脂肪酸の種類

体内でも固まりにくく、血中の中性脂肪やコレステロール値の調節をサポートする不飽和脂肪酸には2つの種類、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。
一価不飽和脂肪酸の代表的なものはオリーブ油に含まれているオレイン酸。
多価不飽和脂肪酸には「n-3系」と「n-6系」の2種類があります。
「n-3系」は、魚に豊富に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が代表的です。
「n-6系」は、サフラワー油、ひまわり油、コーン油などに含まれているリノール酸。
悪玉コレステロールを減らす作用は、一価不飽和脂肪酸よりも多価不飽和脂肪酸の方が強いといわれています。

不飽和脂肪酸である「DHA」と「EPA」の働き

不飽和脂肪酸の一種である、DHAとEPAは、主に魚の油に含まれている成分。
脂質なので、さんま、さば、いわしなどいわゆる油の乗った青魚に特に豊富に含まれています。
どちらも血液をサラサラにする健康成分といわれていますが、それぞれ他には、どんな特長があるのでしょうか。
まずDHAには、脳の機能を向上させたり、抗うつ作用があるといわれています。
一方、EPAには、血栓を防ぐ作用の他に抗炎症作用(リウマチや腸炎予防)、免疫調節作用、脂質代謝改善作用などがあると報告されています。
DHAもEPAも体内で合成されない成分で、食品からしか摂取できない必須脂肪酸です。
日頃から意識して取り入れることが大切です。

DHAとEPAの賢い摂り方

 

効率よく摂り続けるならサプリメントが有効

 

人の体に欠かせない必須脂肪酸の一種であるDHAとEPAは、体内で合成できないので、食事で摂るしかありません。
ところが、酸化しやすく、熱に弱いため効率的に摂るには調理方法も限られてしまいます。
青魚はちょっと苦手、という方にとっても毎日摂るのは難しいですね。
そこでおすすめなのが、サプリメント。
サプリメントならDHAとEPAの両方を、毎日確実に、しかも手軽に摂ることができるので、おすすめです。

そこでオススメしたいのが、バランスフードであり、スーパーフードと言われるユーグレナです。

 

59の栄養素を持ち、ビタミンだけでも14種類、アミノ酸18種類、ミネラル9種類、

EPA・DHAなどの不飽和脂肪酸11種類、特殊成分7種類など人に必要な栄養素をバランス良く含まれています。

また、当然この不飽和脂肪酸11種類も含まれています

また、せっかくの栄養素ですが、吸収出来なければ意味がありません。

ユーグレナの栄養吸収率は93.1%です

ぜひ、ユーグレナで不飽和脂肪酸の摂取をおすすめしたいと思います。

 

 

購入はこちらからどうぞ↑

 

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃  《今だけ限定!》話題のミドリムシがお得に試せる!
┃★┃ 『ミドリムシ ナチュラルリッチ』特別モニター大募集!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま、テレビや雑誌で話題のミドリムシ!

その正体は、健康と美容に大切な『59種類』もの栄養素を
バランスよく含んだ、夢のオールインワン食材なのです!

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃5┃9┃種┃類┃の┃栄┃養┃素┃が┃こ┃れ┃1┃つ┃に┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
●ビタミン  『14種』(特にビタミンB郡を多く含む)
●ミネラル  『 9 種』(現代人に不足しがちな亜鉛も豊富)
●アミノ酸  『18種』(内必須アミノ酸9種も含む)
●不飽和脂肪酸『11種』(魚に多く含まれるEPA、DHAも備える)
●その他   『 7 種』(パラミロン、クロロフィルなど)

そんな、スーパー食材ミドリムシのサプリメント
エポラの『ミドリムシ ナチュラルリッチ』がお得に試せるチャンス!

┌☆。・'*:.──────────────┐
│                   │
│      《今だけ限定!》      │
│ 通常価格3000円 → 463円! │
│                   │
└─────────────。.'゜*:・☆┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   《一度きりのワンチャンスキャンペーン》   ┃
┏━★        特別モニター大募集!       ★━┓
┃☆┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛☆┃
┗━━┛▼安心の完全無添加・国内産!詳しくはこちら!▼┗━━┛

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実質タダでユーグレナを手に入れる秘策!59種類栄養素の価値を感じてください!

ユーグレナには59種類の豊富な栄養素がバランス良く詰まっています。

ビタミン類14種類

ミネラル9種類

必須アミノ酸を全て含むアミノ酸類18種類

DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸11種類

パラミロンなどの特殊成分7種類が含まれています。

 

ただ、栄養素が詰まっているだけではありません。

バランスが取れているから凄いのです。

栄養が豊富なだけではない、ユーグレナ

その栄養の「バランス」の凄さについて説明します。

桶の理論、ご存知でしょうか?

ユーグレナのアミノ酸スコアは83! 脅威のバランスです。

 

そして、そのバランスが取れたユーグレナの栄養吸収率は93.1%

なぜ、それまでに栄養吸収率が高いのか、

それは生野菜などの植物にある細胞壁がないのです。

 

動物と植物、双方の魅力を兼ね備えたユーグレナだから

栄養素のスーパーバランス、そして栄養吸収率が違うのです。

 

細胞壁を持たないユーグレナは栄養吸収率はなんと93.1%!

必須アミノ酸のアミノ酸スコアはなんと83!

そのうえ、パラミロンという独自成分が体内に溜まった

老廃物や、脂肪、プリン体を除去し、新陳代謝を向上させるのです。

ユーグレナのスーパーサイクル!

豊富な59種類の栄養素⇒93.1%の栄養吸収率⇒デトックス効果で新陳代謝向上⇒

他の有名な健康食品と比較してもその栄養素の量数共に大きな差があります。

ユーグレナがスーパーフードと言われる理由が明確に見えます。

もはや、このレベルだと、スーパーフードではなくアルティメッド(究極)フードだと言っても過言ではないと考えます。

 

根拠は下の栄養数比較表をご覧ください。

現在、多くの健康食品が溢れていますが、これだけの栄養素を含んでいるユーグレナは

圧倒的な強さを誇っています。

ユーグレナVS有名健康食品との栄養素比較 59の栄養素が凄すぎる
2017.12.6
楽天健康食品第一位 ルイボスティーとの比較 ルイボスティーの特徴として以下が挙げられています 肌のダメージを減らす ⇒SOD SODによる抗酸化作用  ⇒SOD 老化防止             ...

未来の可能性をたくさん秘めているユーグレナ。

 

ここまで、丁寧に説明差し上げても、なかなか踏み出せないユーグレナ。

いくらユーグレナとは言ってもミドリムシ。

藻の一種だと言われても、さすがにちょっと抵抗がある。

いくら体に良いと分かっていても、なかなかその一歩を踏み出せない方も多くいらっしゃいます。

 

今回はそのような方のために、まずはタダでユーグレナを購入できる秘策をご紹介いたします。

まずは下記の青文字をクリックして、お試しユーグレナを注文してみてください。

 

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

数日でユーグレナと一緒に初回限定スペシャルプレゼントが到着します。

ユーグレナクーポンです!

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

つまり、500円で購入したのに、500円のクーポン券が付いてくるのです。

これがユーグレナクーポン!

更に購入の際にお支払頂く500円は何と税込!さらに送料も無料!

そのうえユーグレナに関する特別冊子までついてきます。

 

もはや、500円とは思えないボリューム感です。

もう一度、お伝えしますね^^

 

①一週間分のユーグレナがついて、

②ユーグレナ特別冊子がついて、

③500円のクーポン券がついて、

④送料も無料でお届け!

 

実質タダ、というよりこの素晴らしさを心から共有したい、

その価値がユーグレナにあります。

 

ユーグレナ 美由紀
元看護士の私も自信をもっておすすめします。人の身体に必要なすべての栄養素が詰まっているユーグレナだから、身体の細胞ひとつひとつが元気になっていくのを感じとることが出来ます。吸収率も93.1%と驚異的数値!まずはお試し下さい。

 

是非お試しいただきたいユーグレナ!↓の青文字をクリックしてみてください。

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

ユーグレナ社の緑汁!よくある質問をまとめてみました!
2017.12.7
ユーグレナ社の緑汁!よくある質問をまとめてみました! ユーグレナ全般に関する質問については以下のリンクに掲載させて頂いています。 ここではユーグレナ社で販売しているユーグレナの緑汁に特化した質問集...