アドセンス




栄養素が豊富でスーパーフードといわれるユーグレナ

ユーグレナはスーパーフードです。

ユーグレナは栄養素が豊富で世界が注目するスーパーフード。その特性の凄さから、宇宙開発に関わる計画を担当するアメリカ合衆国の連邦機関、NASAでも取り上げられています。

宇宙飛行の際にバランスの良い栄養素を摂るために開発を行われていた食材で、宇宙に持ち込むバランス食として研究が重ねられてきました。

しかしながら、NASAではユーグレナ、ミドリムシの培養には成功しませんでした。

あまりにも豊富な栄養素を含むため、培養しようとしても、栄養素が豊富なため別の微生物の恰好のえさとなってしまい食べられてしまうという宿命を背負っていたのです。

NASAも注目したその栄養素がどのくらい凄いかというと、

三大栄養素である、脂肪、糖質、タンパク質の代謝を助けるビタミンが14種類!

ビタミンは大切な体の潤滑油

ビタミンというと、まず“活力”とか“健康”をイメージする方も多いでしょう。実際に、ビタミンの「ビタ」(VITA)は、「生命」とか「活力」を意味する言葉で、生命に不可欠な物質という意味をこめて、名づけられました。

まさに、三大栄養素である脂肪、糖質、たんぱく質などとともに人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養素の一つなのです。

体の中でビタミンは三大栄養素の代謝を助ける働きをしており、ミネラルと並んで微量栄養素といわれます。脂肪・糖質・たんぱく質のように、エネルギーになるものではありませんが、それがないと体という“機械”がスムーズに働かない、いわば“潤滑油”のような働きをしているのです。

不足しがちなビタミン

微量でも、その役割は大きいビタミンですから、不足すると病気に結びついてしまうこともあります。例えばビタミンB1が欠乏すると脚気になるということをご存知の方は多いでしょう。 昔は玄米や七分づきの米を食べたので、ビタミンB1の多い外殻の部分もいっしょに食べていました。でもいまは、皆さんおいしい白米を食べるので、精白でビタミンBやミネラルが失われています。
もちろん、精白米を食べたからビタミンB1が不足するというわけではありませんが、この例のように、おいしい食べ物、豊かな食卓は必ずしも十分なビタミン摂取には結びつかないのです。

ほとんどのビタミンはホルモンなどと違って、体の中ではつくれないので、どうしても食べ物など外から摂取しなければなりません。日常の生活の中で、いつもビタミンの補給を考えることがとても大切です。

ビタミンの種類-水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

ビタミンCなどはよく話題にのぼりますが、他にビタミンの種類はどのくらいあるか御存知でしょうか?
実はビタミンには大きく分けて全部で13種類あります。そして、それらは水によく溶けるビタミンB群やCの「水溶性ビタミン」と、水にはほとんど溶けないビタミンA、D、E、Kの「脂溶性ビタミン」に分けられます。

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの特徴

水に溶け易い水溶性ビタミンはたとえ大量に摂取してしまっても、体に余分なものは尿と一緒に排泄されてしまうのでとり過ぎによる過剰症の心配はありません。むしろ、水溶性ビタミン保存の仕方や調理によって壊れ易いので、どうしても不足しがちになります。
これに対して脂溶性ビタミンは、Eを除くA、D、Kのいずれも、大量に摂取すると体内に蓄積され、過剰症を起こす恐れがあります。といっても通常食品からとっている量では心配いりません。

水溶性ビタミン ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)、ビタミンC
脂溶性ビタミン ビタミンA、D、E、K

 

ビタミンと共同作業で酵素活性化と新陳代謝を向上させるミネラルは9種類!

ミネラルは身体に必要な5大栄養素の一つ

身体に必要な5大栄養素
 タンパク質 ⇒欠乏すると 新陳代謝低下!
⇒長期欠乏は 病気を招くことも!
 脂質
 炭水化物(糖質)
 ビタミン
 ミネラル

私たちの身体を正常に維持していくためには、5大栄養素をバランスよく摂取する必要があります。

  • 体を構成しエネルギー源となる「タンパク質」「脂肪」「炭水化物」の3大栄養素に、
  • 身体の機能維持や調整・抵抗力をつける「ビタミン」「ミネラル」を加えた5大栄養素です。

そして、ミネラルは体内で作り出す(合成する)ことができないので、当然食べ物や飲み物から摂取する必要があります。

ミネラルの主な働き

カルシウムやリンが骨の材料になるように、ミネラルは身体の構成材料としてだけでなく、次のように重要な機能を担っています。

(1)酵素活性化と代謝機能の向上

私たちの生命活動は、口から取り入れた栄養素を様々な過程を経て、身体を構成する約60兆個の各細胞内に吸収することで維持されています。ミネラルは、この代謝機能にかかわる酵素を活性化しています。(詳細は後述)

(2)ビタミンの活性化と共同作業

ビタミンとミネラルは、共同で機能維持の働きをしています。大きな違いは、ビタミンが炭素・水素・酸素などからできている有機物であるのに対し、ミネラルは無機物である点です。

共通点は、ともに体内で合成することができないため(一部ビタミンは合成可)常に摂取していないと不足がちになる点です。ビタミンはミネラルが不足していると効果を発揮することができず体外に排出されます。

(3)身体のpH維持機能

私たちの身体は約pH7.3の弱アルカリ性が良好な状態で、身体を酸性に傾ける物質が入ったときにミネラルは中和する働きをします。

(4)細胞浸透圧作用の保持・調整機能

細胞は、細胞膜を通して外部の栄養素を取り入れ、内部の不要物を排泄しています。この作用を正常に保つために、ミネラルは細胞内液と外液のバランスを調整します。

細胞浸透圧(濃度勾配)

一つ一つの細胞は、細胞内側と外側とのもののやりとりを細胞膜を通じて行います。

例えば、ナトリウムイオンは細胞外の濃度が高く、カリウムイオンは細胞内の方が高くなっています。 細胞は、イオンが高い方から低い方に流れる濃度勾配(のうどこうばい)を利用して必要な栄養物などを摂り入れ、二酸化炭素などの老廃物を排出しています。細胞(身体)自体が、ミネラルの微妙なバランスで成り立っていることがここでもわかります。

 

 

 

DHA、EPAに代表される中性脂肪やコレステロールを調整する不飽和脂肪酸は11種類!

油について、あなたはどんなイメージをお持ちですか?

カロリーが高いから太る=ダイエットの大敵、摂りすぎると血液がドロドロになる(おなじみ血液サラサラ検査の、あの映像が目に浮かびますね!)美容と健康のためにはできるだけ控えた方がいい等々、そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。そのイメージには少し誤解があります。

油は体や心の健康になくてはならない重要な栄養素です。不足すると体がガス欠のような状態になり、元気に働けない、体力が落ちる、やる気が起こらない、お肌がカサカサになるなどさまざまな心身の不調を招きます。油について問題なのは摂取する量ではなく、実は摂るべき油の種類なのです。健康に”良い油”と”悪い油”があり、賢く選ぶことが大切というわけです。

体に良い油、悪い油を知ろう!

油の2大グループ――飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

それでは次に油の種類について見ていきましょう。油はその主成分である「脂肪酸」の性質によって、大きく「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つのグループに分けられ、体への影響も違ってきます。

《 脂肪酸の種類と特徴 》
■飽和脂肪酸グループ摂りすぎ注意!!

肉ケーキ肉類の脂や乳製品に多く含まれ、常温で固まる性質があります。エネルギー源や体をつくる原料になる一方、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールをふやしドロドロ血液のもとに! 適度な摂取が大切で、摂りすぎると脂質異常症や動脈硬化など生活習慣病の原因になります。逆に不足すると、脳出血をおこす可能性も。また体に溜まりやすい油なので、ダイエット中の人は脂身の多い肉やバター、生クリームたっぷりのケーキなどは控えましょう。

含まれる食品・・・牛肉や豚肉の脂身、乳製品、バター、ラード、ココナッツオイルなど

■不飽和脂肪酸グループ体にいい油です!

青魚植物の種子油や青魚に多く含まれ、常温で液体となるのが特徴。血液中の余分な中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし血栓を防ぐなど、飽和脂肪酸とはまったく逆の働きをする体に良い油のグループです。細胞や組織をつくる材料として使われ、エネルギーとしてすばやく燃やされるので、体に溜まりにくくダイエットの味方になってくれます。

含まれる食品・・・植物油、魚介類など

不飽和脂肪酸にはさらに、3つの系列がある

不飽和脂肪酸はさらに、その科学的構造の違いから、多価不飽和脂肪酸(オメガ3、オメガ6)と単価不飽和脂肪酸(オメガ9)に分かれ、積極的に摂るべき油と、摂りすぎに注意が必要な油があります。

 

 

 

身体の血管や内臓、皮膚、筋肉などの基になるたんぱく質を構成しているアミノ酸に至っては、人間の体では作れない9種類の必須アミノ酸を全て含有し18種類!

人間の体をつくる20種類のアミノ酸の中で、体内で合成できない9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます(表参照)。残り11種類の「非必須アミノ酸」は、ほかのアミノ酸や脂肪、糖などを使って体内で合成されます。 

必須アミノ酸は食物によって外部から摂らなければ不足し、体の機能を正常に保てなくなります。また、非必須アミノ酸も、体内で合成できる量は年齢とともに減少し、外部からの摂取が必要となります。

<アミノ酸の種類>

 

独自成分であるパラミロンを含む7種類の栄養素!

 

 

 

合計で59種類もの栄養素を含んでいるのです。

植物、動物を含めても単体これ以上の栄養素を含んだ植物は他に類を見ません。単体がなぜ凄いかといいますと、全体のバランスが絶妙かつ合理性をもったものだからです。

そのうえ、

ヒトに必要な栄養素を全て含んでいるのです。

 

 

それでは、ユーグレナの凄さについて動画をご紹介いたします。

是非ご覧ください。

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

ユーグレナ培養成功は日本企業

前述の通り、ユーグレナはあまりにも豊富な栄養素を含むため、培養しようとしても、栄養素が豊富なため別の微生物の恰好のえさとなってしまい食べられてしまうという宿命を背負っていたのです。

日本でも、東京大学を始め様々な研究機関でも研究が進められており、2005年12月に

世界で唯一東京大学のベンチャー企業が大量培養に成功しました。

今までNASAをはじめとする世界の研究機関がこぞって研究を行ってきましたが、世界で唯一大量培養に成功したということで、世界からの注目度も高くなりました。

現在では気候が温暖で自然豊富な石垣島でユーグレナが培養されています。

 

 

下の写真は石垣島にあるユーグレナの製造現場です。

現在では更に新しい製造所が作られているとのことです。

大量培養に成功したあとは、世紀の培養成功により、企業としても成功をおさめ、培養成功からわずか9年で東京証券取引所の一部上場銘柄としても取り扱われるようになりました。

それだけ日本中のみならず、世界中から注目を浴びている食材であるということです。

 

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

また、今回東京大学のベンチャー企業としてスタートしたユーグレナ社ですが、研究開発の姿勢についても多くの企業から賛同をうけています。

結果多くの企業から続々と協賛を受けており、既に94億円もの出資約束金が集まっています。

これって本当にすごいことだと思います。

以下は協賛企業の一部です。

 

株式会社ユーグレナインベストメント2017.04.28ニュースリリース

http://www.euglena.jp/news/2017-04-28/

ユーグレナは日本はもとより、世界中から注目されています。

やはり、企業からだけでなくメディアでの注目度も高く、テレビでも多くの番組で取り上げられています。

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

バイキングで紹介されたユーグレナ動画

NHK あさイチで紹介されたユーグレナ動画

日経スペシャル カンブリア宮殿
NHKあさイチ
バイキング
めざましテレビ
NHKニュースおはよう日本
情報ライブミヤネ屋
スッキリ!!
メレンゲの気持ち
嵐にしやがれ!
Mプラス
WBSワールドビジネスサテライト
ノンストップ
情報プレゼンターとくダネ!
TBSひるおび!
世界一受けたい授業
報道ステーション
くりぃむクイズ ミラクル9
ワイド!スクランブル
ヒルナンデス!
王様のブランチ
ぶらり途中下車の旅
やじうまテレビ
奥の深道〜同類くんの旅〜などなど、

正直、枚挙にいとまがありません。

毎日のように何がしかのメディアで取り上げられている状況です。

以下に一例を記載しておきます。

とても位置ページに収めることは出来ませんでしたので

一年毎に記載しております。以下は順次更新していきます。

 

 

 

最高レベル93.1%の吸収率といわれる細胞壁の謎とは

ユーグレナ自体は植物であり、海苔やワカメと同じ藻の一種と言われますが、

通常生野菜など植物には細胞壁というものが存在します。

細胞壁の役割は細胞の形、大きさを決めることです。

細胞を囲む細胞壁がどれだけ拡がり大きくなるかによって、そのサイズが決まります。

細胞壁の広がりが縦方向に延びれば、細長い細胞になり、茎が伸びるときの細胞に見られます。

またもうひとつの細胞壁の役割として、自分の身体を守るために強い構造になっています。

植物は、動物のようにその場所から離れることは出来ません。そのため絶えず様々な外敵にさらされており、生存や成長を妨害するものに対して、対抗しなければなりません。

細胞壁があることによって、細胞は物理的、もしくは科学的なストレスや傷害から守られています。

つまり、どんなに高い栄養素をもった植物でも通常はその高い栄養素は細胞壁に守られているため、吸収率が低いのです。

しかしながら、ユーグレナにはその細胞壁がないのです。

 

細胞壁がないユーグレナはどのくらい吸収率が凄いかと言いますと、

比較的栄養吸収率が高いと言われる生野菜でも40%前後、

ユーグレナに関しては93.1%もの栄養吸収率を誇ります。

非常にわかりやすい説明になっていますので、是非ご覧ください。

 

脅威の栄養吸収率です

 

 

様々な健康食品が世界中にある中で、

単体で59種類もの栄養素が含まれるユーグレナ

健康食品の王様と言っても過言ではありません。

是非お試しください。

 

 

 

 

 

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃  《今だけ限定!》話題のミドリムシがお得に試せる!
┃★┃ 『ミドリムシ ナチュラルリッチ』特別モニター大募集!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま、テレビや雑誌で話題のミドリムシ!

その正体は、健康と美容に大切な『59種類』もの栄養素を
バランスよく含んだ、夢のオールインワン食材なのです!

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃5┃9┃種┃類┃の┃栄┃養┃素┃が┃こ┃れ┃1┃つ┃に┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
●ビタミン  『14種』(特にビタミンB郡を多く含む)
●ミネラル  『 9 種』(現代人に不足しがちな亜鉛も豊富)
●アミノ酸  『18種』(内必須アミノ酸9種も含む)
●不飽和脂肪酸『11種』(魚に多く含まれるEPA、DHAも備える)
●その他   『 7 種』(パラミロン、クロロフィルなど)

そんな、スーパー食材ミドリムシのサプリメント
エポラの『ミドリムシ ナチュラルリッチ』がお得に試せるチャンス!

┌☆。・'*:.──────────────┐
│                   │
│      《今だけ限定!》      │
│ 通常価格3000円 → 463円! │
│                   │
└─────────────。.'゜*:・☆┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   《一度きりのワンチャンスキャンペーン》   ┃
┏━★        特別モニター大募集!       ★━┓
┃☆┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛☆┃
┗━━┛▼安心の完全無添加・国内産!詳しくはこちら!▼┗━━┛

健康食品の王様はユーグレナにあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

↑送料無料!約67%OFF!59種類の栄養素!累計出荷数220万袋突破!↑

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実質タダでユーグレナを手に入れる秘策!59種類栄養素の価値を感じてください!

ユーグレナには59種類の豊富な栄養素がバランス良く詰まっています。

ビタミン類14種類

ミネラル9種類

必須アミノ酸を全て含むアミノ酸類18種類

DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸11種類

パラミロンなどの特殊成分7種類が含まれています。

 

ただ、栄養素が詰まっているだけではありません。

バランスが取れているから凄いのです。

栄養が豊富なだけではない、ユーグレナ

その栄養の「バランス」の凄さについて説明します。

桶の理論、ご存知でしょうか?

ユーグレナのアミノ酸スコアは83! 脅威のバランスです。

 

そして、そのバランスが取れたユーグレナの栄養吸収率は93.1%

なぜ、それまでに栄養吸収率が高いのか、

それは生野菜などの植物にある細胞壁がないのです。

 

動物と植物、双方の魅力を兼ね備えたユーグレナだから

栄養素のスーパーバランス、そして栄養吸収率が違うのです。

 

細胞壁を持たないユーグレナは栄養吸収率はなんと93.1%!

必須アミノ酸のアミノ酸スコアはなんと83!

そのうえ、パラミロンという独自成分が体内に溜まった

老廃物や、脂肪、プリン体を除去し、新陳代謝を向上させるのです。

ユーグレナのスーパーサイクル!

豊富な59種類の栄養素⇒93.1%の栄養吸収率⇒デトックス効果で新陳代謝向上⇒

他の有名な健康食品と比較してもその栄養素の量数共に大きな差があります。

ユーグレナがスーパーフードと言われる理由が明確に見えます。

もはや、このレベルだと、スーパーフードではなくアルティメッド(究極)フードだと言っても過言ではないと考えます。

 

根拠は下の栄養数比較表をご覧ください。

現在、多くの健康食品が溢れていますが、これだけの栄養素を含んでいるユーグレナは

圧倒的な強さを誇っています。

未来の可能性をたくさん秘めているユーグレナ。

 

ここまで、丁寧に説明差し上げても、なかなか踏み出せないユーグレナ。

いくらユーグレナとは言ってもミドリムシ。

藻の一種だと言われても、さすがにちょっと抵抗がある。

いくら体に良いと分かっていても、なかなかその一歩を踏み出せない方も多くいらっしゃいます。

 

今回はそのような方のために、まずはタダでユーグレナを購入できる秘策をご紹介いたします。

まずは下記の青文字をクリックして、お試しユーグレナを注文してみてください。

 

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

数日でユーグレナと一緒に初回限定スペシャルプレゼントが到着します。

ユーグレナクーポンです!

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!

 

つまり、500円で購入したのに、500円のクーポン券が付いてくるのです。

これがユーグレナクーポン!

更に購入の際にお支払頂く500円は何と税込!さらに送料も無料!

そのうえユーグレナに関する特別冊子までついてきます。

 

もはや、500円とは思えないボリューム感です。

もう一度、お伝えしますね^^

 

①一週間分のユーグレナがついて、

②ユーグレナ特別冊子がついて、

③500円のクーポン券がついて、

④送料も無料でお届け!

 

実質タダ、というよりこの素晴らしさを心から共有したい、

その価値がユーグレナにあります。

 

ユーグレナ 美由紀
元看護士の私も自信をもっておすすめします。人の身体に必要なすべての栄養素が詰まっているユーグレナだから、身体の細胞ひとつひとつが元気になっていくのを感じとることが出来ます。吸収率も93.1%と驚異的数値!まずはお試し下さい。

 

是非お試しいただきたいユーグレナ!↓の青文字をクリックしてみてください。

健康への近道は「ユーグレナ」にあり!絶対に健康になれるユーグレナの秘密!